こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

虚構の殺人者

東京ベイエリア分署
4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 714 円

東京湾臨海署―通称ベイエリア分署の管内で、テレビ局プロデューサーの落下死体が発見された。捜査に乗り出した安積警部補たちは、現場の状況から他殺と断定。被害者の利害関係から、容疑者をあぶり出した。だが、その人物には鉄壁のアリバイが...。利欲に塗れた業界の壁を刑事たちは崩せるのか?大好評安積警部補シリーズ、待望の文庫化。

いいね!

    「虚構の殺人者」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      図書館本。
      東京ベイエリア分署シリーズ第三巻。

      ベイエリア分署の管内で、テレビ局プロデューサーが商業ビルの7階から転落死する。三田署におもむいた安積班は他殺として捜査に乗り出すが、安積をライバル視する相楽が自殺説を唱え始める。容疑者として浮かんだ同じテレビ局のプロデューサーにもアリバイがあった。

      今回も三田署の助っ人として安積班の手柄にはならないが、実際に推理して人間関係を洗い出したのは安積と部下たちだった。特に須田の推理が冴えていた。所々で顔を出す速水小隊長も楽しませてくれた。

      このシリーズの魅力について語る巻末の解説には、大いにうなずける。

      >> 続きを読む

      2019/03/13 by

      虚構の殺人者」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キョコウノサツジンシャ トウキョウベイエリアブンショ
    きょこうのさつじんしゃ とうきょうべいえりあぶんしょ

    虚構の殺人者 - 東京ベイエリア分署 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ふしぎ駄菓子屋 銭天堂2

    最近チェックした本