こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

半夏生

東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)
5.0 5.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 620 円

東京お台場のビルの狭間で、アラブ系と思われる外国人男性が倒れているのが発見された。事件性の疑いはないと考えられたが、男性は原因不明の高熱を発し、間もなく死亡。それを機に、東京湾臨海署の安積班にただならぬ空気が流れはじめる―本庁公安部が動きだしたのだ。海外からウイルスを持ち込んだバイオテロなのか?地域・道路封鎖に奔走する安積たちの不安をよそに、事態はさらに悪化の気配を見せはじめた!大好評長篇警察小説、待望の文庫化。

いいね!

    「半夏生」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      図書館本。
      面白すぎてページをめくる手が止まらず、安積班の魅力をたっぷり楽しんだ。

      お台場で身元不明のアラブ系外国人男性が行き倒れ、まもなく高熱で死亡する。それを機にバイオ・テロの疑いが持たれ、安積班も騒動にいやおうなしに巻き込まれる。
      班のメンバーである須田と黒木も感染した可能性があり、隔離される。メンバー二人を欠いたまま、安積班は苦戦する。

      冒頭からノンストップのサスペンスに人間ドラマも加わって、うまいなぁと唸らされた。交通機動隊小隊長の速水と安積の信頼関係や、須田と安積の絆もじっくりと描かれている。速水小隊長がいつも格好よくて、個人的にとても気に入っている。

      >> 続きを読む

      2019/02/11 by

      半夏生」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ハンゲショウ
    はんげしょう

    半夏生 - 東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本