こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

吠えろ!坂巻記者 (ハルキ文庫 せ)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 仙川 環
定価: 670 円
いいね!

    「吠えろ!坂巻記者 (ハルキ文庫 せ)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      中央新聞入社五年目の上原千穂は、社会部から、子育て問題や高齢者問題等の企画記事を主に扱う生活情報部に異動となった。
      志望通りの文化的な仕事ができる―そんな期待をよそに、配属されたのは、部内に新設されたばかりのニュース出稿班。
      しかも直属の上司は、自分を曲げず、上層部にも煙たがられているというトンデモキャップの坂巻武士だった。
      「いつも理不尽な命令ばかり! 」と不満たらたらな千穂だったが、次第に坂巻のペースに巻き込まれて…。

      初めての作家さんです。
      著者紹介を読むと、医療関係に詳しく、新聞記者を経て職業作家になられたという経歴をお持ちで、本作で扱われているような食品偽装であったり、高齢者問題であったりは十八番のテーマだと思われます。
      また、物語の舞台は大手新聞社生活情報部。
      すっぱ抜きのスクープを扱う部署を追う小説は多いですが、どちからかというとのんびりした雰囲気の「読み物」を中心とした記事を書く部署に着眼したのは著者の新聞社時代の経験と、女性ならではの視点と思い、興味深く読みました。

      主人公は上原千穂、三十路手前の可もなく不可もない新聞記者です。
      タイトルは、彼女の上司である坂巻キャップになっていますが、どう考えても主人公は彼女です。
      上原は入社当時からの志望通り、忙しなく殺人的な社会部から、ゆっくりと身近な問題を掘り下げて取材しコラムとできる生活情報部へ転属となります。
      そこには厳しかった社会部時代にはチラホラ見受けられたステレオタイプの上司、坂巻がいました。
      彼は、その場の思いつきで指示を出し、一見自分勝手な風を装い、影では部下の記者たちを慮る、いわば今でもそこここで見かける“アクは強いが悪い人間じゃない上司”です。
      当然、部下たちは反発し、不平不満タラタラなのですが、上原だけは知らぬ間に坂巻の影響を受け、自分なりの記事の書き方、物事の捉え方に目覚めていきます。
      そんな、ひとりの若い女性記者の成長の物語です。

      著者的には主人公を鍛え上げる、一見傍若無人で真意には深い愛情をたたえた坂巻キャップのような、女性から見て頼りがいのある男性管理職を主軸に物語を展開したくて、このタイトルになったと思うのですが、読んでいて、坂巻キャップがそれほど残らないのです。
      意図はわかりますが、少し失敗してしまったかもしれません。
      また、脇を固める男性記者たちの描写が雑と感じました。
      このあたり上原や、女性デスクの高橋など、女性登場人物にくらべ、男性の人物造形が苦手な作家さんかな…というのが、現時点での僕の感想です。
      坂巻は、嫌われるキャラクターではないので、だからこそタイトルさえ変えれば、十分おもしろい作品だと思いました。
      食品偽装、高齢者問題など著者ならではの知識が披瀝されており、その面でも読んで損はないと思います。

      確かな筆力は感じましたので、賞をとっておられる他の作品にも手を延ばそうと考えています。
      >> 続きを読む

      2014/09/21 by

      吠えろ!坂巻記者 (ハルキ文庫 せ)」のレビュー

    • >ただひこさん

      いつも、コメントありがとうございます。

      半沢直樹の池井戸潤さんは東京三菱UFJ銀行出身ですよね。
      もろ銀行ネタ満載で、裏事情にも精通しているからリアリティがあるんでしょうね。

      >けっこう売れっ子でもサラリーマンと兼業してたりしますし。

      ペンひとつで食っていける人って少ないんでしょうね~。
      >> 続きを読む

      2014/09/22 by 課長代理

    • >マカロニさん

      いつも、コメントありがとうございます。
      こういう上司に憧れて、部下を守る為に、上に正論をぶつけて反抗していると、僕のように飛ばされるわけです。
      難しいですね(笑)
      >> 続きを読む

      2014/09/22 by 課長代理


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    吠えろ!坂巻記者 (ハルキ文庫 せ) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    神秘
    • 神秘
    • 白石 一文 (著)

    最近チェックした本