こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

放射能汚染ほんとうの影響を考える

フクシマとチェルノブイリから何を学ぶか
カテゴリー: 内科学
定価: 1,995 円

福島第一原発事故による放射能漏れは、人びとにどのような影響を及ぼすのか。チェルノブイリ原発事故から25年、この間に発表された報告書や論文に示されたデータを詳細に読み解くことで明らかになってきたことは何か。いつ終わるとも知れない原発事故。放射能汚染という現実に直面したいま、どう対処していけばよいのだろうか。チェルノブイリの教訓を生かすべく、疾病の発生リスクを分析する疫学も学んだ小児科医による、原発事故への処方箋。

いいね!

    「放射能汚染ほんとうの影響を考える」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ホウシャノウオセンホントウノエイキョウオカンガエル フクシマトチェルノブイリカラナニオマナブカ
    ほうしゃのうおせんほんとうのえいきょうおかんがえる ふくしまとちぇるのぶいりからなにおまなぶか

    放射能汚染ほんとうの影響を考える - フクシマとチェルノブイリから何を学ぶか | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    デンジャラス