こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

4.3 4.3 (レビュー6件)
著者: グレッグ・マキューン
定価: 1,728 円
いいね!

    「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      「より少なく、より良く」
      自身の仕事の姿勢を見直すきっかけになりそう。

      今までは、言われたことや与えられたことをそのまま鵜呑みにし
      自分の時間を削って、相手の要望に応えることがいいことだと
      こんな忙しいけど、いつか自分の成長にも繋がると信じていたが・・・
      結局、自分だけではできず、無理な計画を立て怒られる始末。
      本当に非エッセンシャルな思考と、行動になっていた。

      世の中の大半が無駄なもの、ノイズであると。情報社会になり
      それに振り回されてはいけない。
      選ぶことを選ぶ
      重要なものだけを選ぶ
      情報の本質を掴み取る
      何かを得るためには何かを捨てる(トレードオフ)

      考え方はシンプルである
      今大切なことは何か、そうでないものにはノーと言う。
      より少なく、より良く。

      いくつか事例もあり、大変わかりやすい内容だった。
      「7つの習慣」で有名なスティーブン・コヴィー氏が何よりも娘とのデートを優先したこと
      ピータードラッカーの多くのインタビュー依頼を上手に断ったこと
      ガンジーは旅をし、今までの功績を全てを捨てて、本質的な目標のために、余計なものをそぎ落としていった。
      など成功者たちは、物事の本質を見て、重要でないものにはノーという勇気を持っている。


      最後の章では、エッセンシャル思考になるための仕組み化、習慣化が書かれており
      ・計画時は最悪の事態を予測し、リスクを排除する
      ・小さなことの積み重ねを大切にする(早く小さく)
      ・トリガーを作り、習慣化する

      自分も徐々にエッセンシャル思考を習慣化し
      今何が大切なのか、今懸命に生きているのかを意識し
      より良い人生を歩んでいきたいと思った。











      __
















      >> 続きを読む

      2018/07/17 by

      エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」のレビュー

    • これは自分もそうしないとと思っていることですが、「死を意識して生きる」と、生の有限性が意識されて行動が起きるみたいです。

      この文はShotaInoueさんのAmazonレヴューですが、そのことを良く表していると思うので載せておきます。
      「人生はあまりに短い。それは悲しむよりも、むしろ喜ぶべきことに思える。短い人生だからこそ、勇気を出して冒険できる。間違いを恐れずにすむ。かぎられた時間の使い方を、よりいっそう厳密に選ぼうと思える。」

      あと、「エッセンシャル」を本質と捉えると、「抽象」という概念やワークを取り扱っている本を読まれるのもいいかもしれません。

      僕のおすすめは、「キレの思考、コクの思考」や、「最強の思考法 「抽象化する力」の講義」、「考える練習帳」、「アナロジー思考」、「天才の閃きを科学的に起こす 超、思考法」あたりです。
      これらの本の僕のレヴューをみて、読むかどうかの参考にしてみて下さると嬉しいです。
      また、これらの本は抽象に関するフレームワークや自分の意識の外に出る考え方、歴史から本質を抽出する流れを感じる本なので、読んでみると愉しいと思います。
      >> 続きを読む

      2018/12/19 by 月岩水

    • 評価: 4.0

      久しぶりに自己啓発系の本が読みたくなったので本書を手にとった。海外版の断捨離。書いてあることはまともでよくわかる。あたりまえのことなのだが、なかなか実行に移せない日常をどうやって快適に過ごすのかということだ。著者は禅の影響を受けていると思った。目に止まったキーワードとフレーズをノートに書き写しておくことにしよう。習慣に取り込めるかが勝負。

      2018/06/30 by

      エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」のレビュー

    • 評価: 4.0

      エッセンシャル思考とは、人生の無駄を無くし、質の高いシンプルな生活を追い求める思考であると考えられます。
      生活や仕事に関わる多くの出来事は無駄であるを前提に、無駄を無駄と認める勇気、やりたくないを言う勇気の大切さを説いています。

      非エッセンシャル思考とは、なんでも完璧にやろうとすることで、結果どれも中途半端に終わってしまうこと。

      非エッセンシャル思考からエッセンシャル思考へとシフトしていくには、選択→捨てる→仕組み化のサイクルを回すこと。
      必要なものだけを選択するには、物事の本質を見極めることが大切である。
      本質は現場で見られる一次情報のことである。

      やりたくないことにはノーと言う。
      少しでも迷えばそれはノーである。
      やるべきことの見極めができないのは、目標設定が曖昧。魅力的で具体的な目標をたてなければいけない。
      ゼロベース思考、逆プロトタイプ、失敗を認め成功に向かうなどし、過去の損失を断ちきれば今やるべきに集中できる。
      >> 続きを読む

      2018/02/07 by

      エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」のレビュー

    • 個人的には思考の余白というような、あそびや余裕も必要という考えなのですが、自分の目的のために使う時間をつくるための考え方を身につけるというコンセプトは興味深く、読んでみたいと思いました。 >> 続きを読む

      2018/12/19 by 月岩水

    • 評価: 5.0

      生活の中で優先順位を意識し、「断る勇気」が大事と訴える作者に共感。

      おすすめの一冊。

      2016/10/14 by

      エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」のレビュー

    • 評価: 4.0

      「より少なく、しかしより良く」を追求する思考法。
      自分というリソースが最大限活かせる選択肢に、すべてを集中させること。その選択に至るには、じっくりと情報収集をし、その選択肢以外の良い誘いに対して「No」と言えることが大事だ。

      2016/05/12 by

      エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」のレビュー

    もっとみる

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    honey (幻冬舎ルチル文庫)