こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

「これから」の人生を悔いなく生きる

3.5 3.5 (レビュー2件)
カテゴリー: 人生訓、教訓
定価: 1,365 円
いいね! Tukiwami

    「「これから」の人生を悔いなく生きる」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      著者の人柄が感じられるような温かい気持ちになれる一冊です。
      私も自分が生まれてから20000日へ向けてカウントダウンアプリ入れましたが、まだ12年も先です^ ^;

      特に個人的に心に響いたのは:
      全部自分のせいにする=自分が変えられる
      (人のせいにしたら、自分では変えられないということになる)
      という部分でした。

      それから、やはりいつ自分が死ぬのか分からないからこそ、10000日とか20000日とか、途中のゴール的な区切りを意識して、そこの向かって目標を設定したりするのはいいアイディアと思いました。

      ただし、内容量に対してちょっと値段が高いかも?と思います。
      >> 続きを読む

      2019/08/15 by

      「これから」の人生を悔いなく生きる」のレビュー

    • 20000日って何年なんだろう~?(計算が面倒&怖いのでとりあえず疑問のまま)
      子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る」
      孔子のこの名言を人生目標に定めていた人は多かったと思います。
      これなどもカウントダウンに近い考え方ですね。

      昔の人は人生50年だったのよね。じゃあ、50過ぎたらおまけの人生ってことで
      今までと別のことにチャレンジしたりして、好きなことを中心に生きて行こう
      なんて、若いころは思っていました。
      …なんと節目過ぎちゃったわ。( ̄▽ ̄;)!!ガーン
      >> 続きを読む

      2019/08/16 by 月うさぎ

    • >月うさぎさん

      「生まれた日から何日」で検索すると自動で計算してくれるサイトがいくつか出てくるので、私はそれで計算しました^ ^

      孔子の言葉もそうですが、もともと日本は年齢でも季節でも、節目を意識する文化がありますよね。
      カウントダウンにしてしまうと、単なるイベント化になってしまう気もしますが、そこに意識を向けるというのは悪いことではないと思うので、この本を読んだ後、20000日目の自分のことをイメージしたり、どうなりたいかなど少し考えてみました。
      (まぁ忙しくてゆっくりは考えてないのですが、そのうち時間をとってじっくり考えてみたいです)

      最近読んだ本では1970年代生まれ(私世代)の平均寿命は84歳程度、その子供世代は104歳くらいとのことです。
      それが本当なら、働き続ける期間も長くなるし、老後という概念も全く違うものになってくるだろうと思うと同時に、リタイヤしたら…なんて言葉も自動的に遠のいて、人生プランそのもののあり方まで変わるんだろうななんて考えています。
      基本的には悲観的な部分が多いものの、それでもポジティブな部分にフォーカスして人生楽しみたいですね^ ^
      >> 続きを読む

      2019/08/17 by Mika

    • 評価: 4.0

       著者は、この地球に生をうけ54年目ののなかばに、その後の人生を永遠に変えることになる、ひとつの事実に気づきます。
       それは、「私はこれまで20000日近く生きている!」ということです。
       20000日といえば、時間にすると48万時間、秒にすると17億2800万秒という膨大な時間です。
       著者は、これだけの日々、時間、秒を過ごしていながら、まだまだやるべきことがたくさんあるという思いが胸にあふれて、ある計画を思いつきます。
       それは、「これからの20000日計画」をつくることでした。

       詳細なレビューはこちらです↓
      http://maemuki-blog.com/shohyou/seichou/smith-20000days/
      >> 続きを読む

      2013/12/07 by

      「これから」の人生を悔いなく生きる」のレビュー

    • 毎日を一生懸命に生きているとしても、その人なりの人生における成功に近付くかと言えば、かなり懐疑的に考えています。

      そもそも、その人なりの成功を事前に決めておかないと、その方向に走れないし、一生懸命なことと計画的なことはイコールではないから。

      そういう観点では、これからの20000日計画と言うのは考えてみるだけで非常に意味が有るんじゃないかと思います。
      >> 続きを読む

      2013/12/07 by ice

    • ツッコミのキレを増したいので、シャドウツッコミを欠かさないよ!!

      なんでやねん!!
      なんでやねん!
      なんでやねん
      なんでやね
      なんでや
      なんで
      なん


      Zzz...w
      >> 続きを読む

      2013/12/08 by makoto


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    コレカラノジンセイオクイナクイキル
    これからのじんせいおくいなくいきる

    「これから」の人生を悔いなく生きる | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本