こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

読んだら忘れない読書術

4.3 4.3 (レビュー27件)
著者: 樺沢紫苑
定価: 1,620 円
いいね! K-3 momomeiai

    「読んだら忘れない読書術」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

       インプットとアウトプットのサイクルをバランスよく回すことで、頭の回転が早くなり、判断力、思考力、文章力が鍛えられ、自己成長につながる。
       最初のインプットから7〜10日以内に3〜4回アウトプットする。具体的には①本を読みながらメモを取ったりマーカーを引いたりする。②本の内容を人に話す。③本の感想や気づきをツイッター等でシェアする。④書評、メルマガを書く。など。
       本のレビューを書く場合は、読了の翌日以降に書くと、論理的、客観的な文章がかけるようになる。
       私が考える「本を読んだ」の定義は、「内容を説明できること」そして「内容について議論できること」 です。感想や自分の意見を述べられなければ、本を読んでいる意味が無いのです。飲み会で1冊の本について10〜20分盛り上がれる程度で十分。それができないようであれば「アウトプットできない」ことであり、つまり自分の行動に影響を及ぼさないということ。最低限、これをできる程度の読書の質を担保できなければ、早く読んでも意味がない。
       本を開いたらまず目次を見て、一番知りたいことが書かれている項目を先に読む。まず知的好奇心を満たすことによってドーパミン分泌を促し記憶力を向上させる。また、結論を知ってから読むことにより読むスピードが上がる。
       初心者に限って、なぜか「上級のノウハウ」を知りたがる。情報も知識も、今の自分に必要なものを吸収すべき。
       ある本を読んでもっと深く知りたいと思った場合は、その本の参考文献や参考図書の中から興味深い本を選び、読む。これを繰り返し、その分野の知識を深める(数珠つなぎ読書)。
      >> 続きを読む

      2018/05/20 by

      読んだら忘れない読書術」のレビュー

    • 評価: 5.0

      『私が考える「本を読んだ」の定義は、「内容を説明できること」、そして「内容について議論できること」です。感想や意見を述べられなければ、本を読んでいる意味がないのです。』(引用)

      この本の趣旨は「本を読んだ」と言えるためのハウトゥー本となっています。

      みなさまは分厚い本を読み終わった後、達成感に浸るだけで内容を全く覚えていないという経験はありませんか?
      私は多分にそのような経験があるため、この本を手に取ってみました。

      読み終わった感想ですが、「とにかくレビューを書いてみよう」と思える内容でした(笑)
      読書術に関する本を読んだことがある方にはお馴染みの<アウトプット法>がメインの記憶法になるのかな・・
      後は深く本と付き合うための工夫がたくさん書かれていました。

      あくまで、記憶法がメインの内容となっているため、本を理解するための読み方を教えてくれるものではない点にご注意を…

      SNSを利用した記憶法を紹介していることもあり、読書ログに登録している方には特におススメしたい本です。

      (読破時間2時間ほど)
      >> 続きを読む

      2018/02/01 by

      読んだら忘れない読書術」のレビュー

    • レビューありがとうございます!ボクは読書ログを始めたきっかけはこの本でした!

      2018/02/04 by Jay

    • Jayさん 
      コメントありがとうございます。

      この本を読むとレビューが書きたくなりますよね(笑) >> 続きを読む

      2018/02/04 by ウジさん

    • 評価: 5.0

      本を汚して読む、という新しい読書の方法、またアウトプットの大切さを教えてくれる本で、実践的なものしか本から汲み取っていない自分にとっては、常識を覆してくれるような画期的な本です。これからも『深読』を生かしていきたいです。

      2017/08/20 by

      読んだら忘れない読書術」のレビュー

    • 評価: 4.0

      読みたいところを先に読んでしまうという読書術があり、参考にしたいと思いました。
      本の紹介もいろいろあり、読んでみたいと思いました。

      2017/07/17 by

      読んだら忘れない読書術」のレビュー

    • 評価: 4.0

      読んだ本の内容をしっかり覚えたくて読んでみました。内容を記憶するにはアウトプットする。わかったと満足してそのままにしてしまいがちなのは確か。

      書かれている内容を人に伝える作業をする→それだけ熟読し理解する必要があるということ
      書かれている内容を実行する→実行することで自らの力になる

      …確かに、である。
      なるべく多くの本を読んで自分の知識を増やしたいと思っていたが、ただ読むだけでは身にならず、身のある読書をしたいのであればむしろ読む本は厳選されるべきだと。
      これからの本の読み方が変わりそうな気がします
      >> 続きを読む

      2017/06/26 by

      読んだら忘れない読書術」のレビュー

    • 読書ログのレビューは、その一端(アウトプット)を担っているかも知れませんね。

      2017/06/27 by taiaka45

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    48人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    読んだら忘れない読書術 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本