こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

コーヒーが冷めないうちに

3.2 3.2 (レビュー11件)
著者: 川口俊和
定価: 1,404 円
いいね!

    「コーヒーが冷めないうちに」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 匿名
      評価: 2.0

      電車のつり革に貼ってあり、気になって読んでみました。

      私は残念ながら1回も泣けませんでした。
      過去に戻りたい、と思うことは山ほどありますが、そこで本当に戻ってしまうところに人間の醜さを感じました。まあその設定がなければこの本は成り立たないんですけどね。

      泣かせよう、感動させよう感がある作品ですが、好きな人は好きかなって思います。

      テンポよく読めます。
      >> 続きを読む

      2018/09/17 by

      コーヒーが冷めないうちに」のレビュー

    • 評価: 4.0

      映画化ですってね。

      一昨年から本屋大賞ノミネーションがよい宣伝となったようで、何げにいつも上位にランクインしている本でした。

      短編連作で、

      第1話「恋人」結婚を考えていた彼氏と別れた女の話
      第2話「夫婦」記憶が消えていく男と看護師の話
      第3話「姉妹」家出した姉とよく食べる妹の話
      第4話「親子」この喫茶店で働く妊婦の話

      ちょっと「感動させ」に走ってる感じで手の内は分かっちゃってても読んでても なかなか楽しめます。

      続編「この嘘がばれないうちに」が出ているようなのでまた読んでみたいですね
      >> 続きを読む

      2018/07/12 by

      コーヒーが冷めないうちに」のレビュー

    • 評価: 4.0

      紹介文を見て、重松清さんの流星ワゴンみたいなものかしら、と思ったらそうだった。

      過去に戻れるが未来は変わらない。
      変わるとしたらその人の心だ。

      最初から分かりきっている王道な結論だし、伏線もその回収も想像通りのものばかりだけど面白かった。

      キャラの良さと、読後に「良かったなー」と思える清々しい内容が良かった。

      コーヒーを飲みながら読みたい本です。
      (冷めまくるけど)

      文章や構成に癖があるなーと思ったら、著者は元劇団の脚本家兼演出家とのことで附に落ちました。

      服装についてやけに細かく書くのは少し謎。それを想像するのが手間だし、キャラのイメージを限定されてしまう。
      もっと読者を自由にしてほしい。

      続編があるらしいけど、幽霊の話はそこで分かるのかしら。

      追記。
      調べてみたらどうやら映画化するそうな。配役に関しては最早何も言うまい。
      けど…新キャラとか…。映画は見ないようにしよう。
      >> 続きを読む

      2018/05/16 by

      コーヒーが冷めないうちに」のレビュー

    • 私が利用している図書館では、予約待ちが2000人を超えていました。気長に待つ事にします。 >> 続きを読む

      2018/05/19 by チルカル

    • チルカルさん、コメントありがとうございます。
      2,000…。僕の住んでるところではどんな人気でも100人です。田舎のいいところですかね。
      まぁ100人でも14日×100人でなかなか気の遠い話ですけど…
      >> 続きを読む

      2018/05/19 by 豚の確認

    • 評価: 4.0

      『4回泣けます』←帯からのメッセージ。
      4回は泣けない。1回は泣きかけましたが。

      過去に戻ることができる席がある喫茶店、フニクリフニクラ。
      それぞれに後悔を抱える人物が過去に戻り、少しの時間をもう一度やり直す、
      ハートウォーミングなファンタジー。
      簡易な文章で読みやすい。55万部突破のベストセラー、とのことだから
      こういう物語が多くの人たちに受け入れやすいのかな。

      いつも思うことは、泣ける小説ほどその可能性をひたすら隠してほしい。
      どんでん返し系もそう。
      帯でそれを全力アピールされるとハードルが上がるだけやと思うんやけどなぁ……
      変に身構えちゃうし。本を売るための事情もわかるけれど。。。

      面白いと思ったのは、過去に戻るためのいくつかのルール。
      特に『過去に戻り過去を変えたとしても、現実は変わらない』っていうこと。
      現実が変わらないんだったら、過去に戻ってやり直す意味もないんじゃないの?って最初思ったけど、それはたぶん作者の思う壺だったんだろうな。

      全部で4話収録されていて、テーマは恋人、夫婦、姉妹、親子。
      僕がウルッとしたのは、夫婦のお話。
      あんなことを思えるような夫になりたい。
      >> 続きを読む

      2018/03/03 by

      コーヒーが冷めないうちに」のレビュー

    • 何回も泣けますとか号泣必至とか帯で見ると確かに「ん?」って思った後にちょっとげんなりしますね。大概そういう作品は泣けなかったり泣きそうになっても「帯で書いてあったから…」と思い涙が引っ込むときがままあります(笑)

      過去に戻る…ということはタイムリープ、タイムリープものでSF的な感じなのでしょうか?

      この作品、実は前々から気になっていたので今度図書館行った際に見てきたいと思います!

      自分も素敵なお姫様を迎えて良い夫になりたいなあと思います!
      >> 続きを読む

      2018/03/03 by 澄美空

    • 澄美空さん
      タイムリープものですね。童話的な雰囲気もありつつ。
      今後も継続して本の帯をチェックしていきたいと思ってます(笑) >> 続きを読む

      2018/03/04 by ねごと

    • 評価: 4.0

      じわーっとしみてくるような読み応えのある作品でした。少しまどろっこしい感じの展開や会話も、登場人物の心の動きが感じられ、心に響いてきました。

      2018/02/03 by

      コーヒーが冷めないうちに」のレビュー

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    28人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    コーヒーが冷めないうちに | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本