こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

世界の夢の本屋さん

4.6 4.6 (レビュー5件)
カテゴリー: 図書の販売
定価: 3,990 円

本を愛する人が幸せになれる場所。その魅力の源泉を探る―世界の名店58名のオーナー・店長・店員さんにインタビュー。

いいね! chao

    「世界の夢の本屋さん」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      こちらは面白い!
      本が好きだし、挿絵や表紙やらのデザインも内容とは別に興味もっているし、本屋や図書館の匂いがすき。

      本屋はお店で騒がしいかったりするけど、図書館は静かで好き。

      紙のめくる音だけがするあの空間が好き。

      そんな空想というか想いをこの写真集で感じる。

      ましてや海外。

      オシャレ。

      英語読めないけどもやっぱ海外はおしゃれだわ!!!!!

      自分も部屋に本が崩れかかるぐらいあるのですが、整理整頓が全然できてなくて。おしゃれどころかごみ屋敷です。。。

      この本見て参考にせんとな・・・

      苦笑
      >> 続きを読む

      2019/06/20 by

      世界の夢の本屋さん」のレビュー

    • >澄美空さんへ

      鋭いですね!昨日からどうも昼と明け方の温度差にやられて体調不良です・・・
      でも大丈夫です!

      150冊も!すごいですね~~~
      その本棚をただボーと眺める事もまた至福だったり日常にふっと大事な気もしますよね~
      なので、ほんとおっしゃる通り、おしゃれにキメレば良いんでしょうけど、なかなかって感じなんすかね~~~

      自分もそんな意味でもこの本を参考にしたいです!
      >> 続きを読む

      2019/06/21 by ジュディス

    • >chaoさんへ!

      たしかに、自分も、なんやかんやでアマゾン使っちゃたりしてます。。。
      でもついつい日常で本屋をぶらぶらしたりして、なんか発見を期待している自分がいます。そして断然、紙派です!そして自分も海外書店行ってみたい~~~夢!

      >> 続きを読む

      2019/06/21 by ジュディス

    • 評価: 4.0

      何と味わいのある本屋さんがあるんだ!というオドロキがある。
      まあ、世界の夢の本屋さんというタイトルだからなというのはあるが、それにしても行ってみたいと思う。
      と、いいつつ、最近あんまり本屋さんへ行かなくなってるなと思う。
      図書館はかなり行っている・・・つまり、買わなくなって借りるばかりになってきたということ。
      それでも、本がたくさん並んでいると、楽しくなる。
      選ぶ楽しみ、出会う楽しみがあるからだ。
      この中では、アラルコ書店(北イタリアの小さな町の本屋さん)が一番行ってみたいと思う。 >> 続きを読む

      2014/08/21 by

      世界の夢の本屋さん」のレビュー

    • この本大好きです♪本がたーくさん並んでいるところで本を選んでいる時間って本当に幸せですよね☆ >> 続きを読む

      2014/08/23 by chao

    • 評価: 4.0

      『本屋さんが好きですか?』――この言葉が最初に捧げられています。
      世界の魅力あふれる本屋さんを紹介する写真集…予想外にしっかりと重い本でした。

      実際にA4サイズの大型ハードカバーの1.3kgの重さなんですが、そういう意味じゃなくて(^。^;)

      本屋さんが商売として厳しいのはどの国でも同じなようです。
      読書人口、書籍のコレクターの減少、電子書籍やamazonなどのネット通販の隆盛、家賃の高騰。

      それでも、「本への情熱」「本の未来を守ることも書店の役割」と、
      本屋にこだわるオーナーや書店員さんたちの言葉が心に沁みます。

      タイトル数だけで勝負する大型店には未来はない。
      「店の価値観」「ほかの書店にはないなにか」「書店によるセレクト」
      「幅広い知識をもつ優秀な書店員」「客との触れ合い」
      「ショッピングの体験を楽しむ」こと。

      紹介されているエクセレントな本屋さんに共通するのはこれらの言葉でした。

      本屋さんは「欲しいものを発見してもらうスペース」なのです。

      新刊本だけでなくすぐれた既刊書や絶版書、古書をも扱う。
      客の欲しい本を検索・注文し迅速に取り寄せる。
      こんなのは、当たり前。
      書店員がそれぞれ専門分野を持ち、顧客へのアドバイスをし、
      バイヤーとしても責任を持たされるのが、世界の本屋さん。

      サルトルの「嘔吐」の新訳本を探してくれと頼んだら、
      何の本だか知らなくて、メモに「オート」と書いた本屋のにいちゃんのいる地元書店と比べたら…(ーー;)
      普通の本も取り寄せに1週間かかりますとか平気で言われるし。
      これじゃ、本屋は見限られるよな。と不満が募るこの頃。

      溜息と共に、まだまだ、書店は頑張れるはず。
      そういう思いを強くしました。


      ここで取り上げられている書店は6ヶ国33店舗
      専門店に特化した店、歴史的建造物やミュージアムショップとして美しい店舗を構える店、老舗の雰囲気たっぷりの店など。

      独立店でもインターネットの販売を並立させている店も多く、
      カフェやレストランを店内に置く店も多いようです。
      ギャラリーを兼ねたり、イベントや読書クラブ、音楽会やサロンを開くスペースを持った店も。

      そして、ほとんどが、立ち読みもOKなお店です。
      椅子を置いてあるお店もあります。

      もちろんビニ本なんてありえないです。
      本は手にしてその価値がわかるもの。
      最初から買うことが決まっている人は、今後書店には来ないでしょう。
      日本の本屋はまだまだ意識が数十年遅れていると思わざるを得ません。

      もう一つ、出版社や書籍流通会社が大型で美しい書店をオープンしていることが日本と違う点ではないでしょうか。
      ローマの「メル・ブックストア」などがその代表かと思いますが、
      出版社がオーナーの本屋であっても自社の本以外の書籍ももちろん扱うことは言うまでもありません。

      本が売れないと嘆く前に、日本の出版社もこのような文化の発信という心意気を見せて欲しいものです。
      流通業者や再販制度に守られてぬくぬくできる時代は実はもう終わっているのですから。

      そして、このような「本屋さん」をテーマにした本が
      日本で出版され、買われ、読まれている事実を理解すべきではないでしょうか?
      >> 続きを読む

      2012/11/11 by

      世界の夢の本屋さん」のレビュー

    • こんな本も有るんですね。
      スマートフォンで読む本も多い中、やっぱり「本」の良さって有るんだな♪って思いました。
      ウチの図書室にもないかも知れませんが司書さんに聞いてみます!
      >> 続きを読む

      2012/11/12 by aimi☆

    • aimiさん 世界の有名本屋さんって、バラエティに富んでいます。
      教会建築や旧家のお屋敷やをそのまま本屋にしちゃったり、
      イタリアの本屋さんはいかにもイタリアン・デザインって感じだし。
      発想のスケールが大きいんです。

      日本の本屋ももっと夢があっていいのになあ。と思いました。
      >> 続きを読む

      2012/11/12 by 月うさぎ

    • 評価: 5.0

      世界中の美しい本屋さん、個性的な本屋さんなど夢のような本屋さんを紹介した1冊。

      あまりの美しさに見入ってしまう。
      もはや本屋さんそのものが芸術品。
      これらの本屋さん目当てで現地まで行きたくなるほど!

      特に心を奪われたのは、世界中から巡礼者が集まるオランダ、マーストリヒトの「セレクシス・ドミニカネン マーストリヒト」。そして、世界一美しい書店と称されるベルギー、ブリュッセルの「トロピスム書店」。

      本屋さんが好きな方は騙されたと思ってぜひ立ち読みして欲しい。立ち読みもめんどくさい!という方はぜひ、ネットで「セレクシス・ドミニカネン マーストリヒト」と「トロピスム書店」を調べてみて欲しい。

      昔の人の知恵や教え、技術、新しいアイデア、寝るのを惜しんで読みたい面白い物語…そんな色々なものが詰まった本屋という空間。
      この本はそんな本屋の魅力をこれでもか!ってくらい教えてくれる。
      >> 続きを読む

      2012/05/24 by

      世界の夢の本屋さん」のレビュー

    • chaoさ~ん ご紹介ありがとう!朝日新聞の書評で見かけたんだ。思い出した。
      この本いいですね。でもちょっとお高い…

      ググって見つけました。asahi.comのサイト
      http://www.asahi.com/photonews/gallery/wonderfulbookstores/
      いい雰囲気ですね~。

      〉本屋さん目当てで現地まで行きたくなるほど!
      ホント、行ってみたくなりました。

      夢の詰まった本のおうちはやはり夢のある空間であってほしい。
      日本の本屋さん、出版不況なんて言っていないでもっとがんばれ!って言いたいですね。
      古書店は逆風の中、がんばっているお店があると聞きます。
      それを紹介した本もあったような…

      余談ですが、東大図書館ってなかなかこんな感じのいいムードなんですよ。
      >> 続きを読む

      2012/05/24 by 月うさぎ

    • ankoさん
      そうなんです、カラー写真いっぱいで、サイズも大きいので写真集みたいな感覚で楽しめます♪

      Tsukiusagiさん
      ご存知だったんですね♪♪
      すごくステキな本ですよ~高いですけど…(笑)
      ホント、日本の本屋さんもがんばって欲しいですよね(^-^)/

      東大図書館、知らなかったです!
      一般の人も行けるのかしら?
      調べてみまーす♪
      >> 続きを読む

      2012/05/25 by chao

    • 評価: 5.0

      本屋好きにはたまらない!(^^)!
      こんな本屋さんなら私はずーっと働くよ(笑)(^_^;)

      2011/07/30 by

      世界の夢の本屋さん」のレビュー

    • 本が好きなので、本屋さんとか司書さんとかに憧れた時期も有りました。
      そんな方が満点評価って気になります! >> 続きを読む

      2012/01/18 by ice


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    セカイノユメノホンヤサン
    せかいのゆめのほんやさん

    世界の夢の本屋さん | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    あぶない丘の家 (小学館文庫)

    最近チェックした本