こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

The prodigy

カテゴリー: 読本、解釈、会話
定価: 819 円

ハンスは「神童」だった。担任の先生から、州の試験に二番で通ったことを告げられたハンスは、喜びでいっぱいになった。いよいよ神学校で学問をすることができる。そして止められていた釣りに、今こそ行ける...。ハンスは修道院に付属する神学校の模範生となったが、やがて昔ながらの厳格な学校生活がうとましくなり、成績も下がってきた。そんな姿を見かねた校長先生はハンスを呼んで、「疲れ切ってしまわないことだ。車輪の下敷きになるからね」と忠告した。そして堕落した不平家と見なしている文学少年のハイルナーと、ハンスが交友することを禁じようとするのだった。青春の悩みから、神学校を脱走し、見習い工をしながら、人生の模索を続けたヘッセの自伝的小説。

いいね!

    「The prodigy」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    The prodigy | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本