こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

僕は日本でたったひとりのチベット医になった

ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと
4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 医学
定価: 1,995 円

奇跡の脈診、月の光をとりこんだ薬・月晶丸、全チベット人の祈りがこめられた高貴薬。神秘の伝統医学を学びにいった著者が出会ったものは...。泣ける、笑える、チベット医学奮闘記。

いいね!

    「僕は日本でたったひとりのチベット医になった」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      チベット医学を修めた日本人のお話。
      東北大薬学部から紆余曲折があって、チベット。
      スゴイ人がいるな〜と思い、本を読む事にした。
      標高3000mで命がけで薬草を採取してくる授業。
      う〜ん。何を読んでもスゴイ。
      日本でも薬草の知識がきちんと伝承されて欲しいものです。
      >> 続きを読む

      2019/01/21 by

      僕は日本でたったひとりのチベット医になった」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ボクワニホンデタッタヒトリノチベットイニナッタ ヒマラヤノヤクソウガオシエテクレタコト
    ぼくわにほんでたったひとりのちべっといになった ひまらやのやくそうがおしえてくれたこと

    僕は日本でたったひとりのチベット医になった - ヒマラヤの薬草が教えてくれたこと | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本