こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

アルコール・薬物依存(いぞん)臨床ガイド

エビデンスにもとづく理論と治療
カテゴリー: 内科学
定価: 5,040 円

本書では、物質依存についての専門的な治療理論とその応用例の記述に多くのスペースを割いており、中核的な依存症患者を治療へといかに動機づけ、治療につなぎとめていくか、という具体的かつ臨床研究の裏付けを持った方法論が数多く提示されている。アルコール・薬物依存の臨床では必発と言ってよい多剤乱用の問題や、うつ病など他の精神障害の併存についても詳しく触れており、症例を提示して具体的な治療過程を描写することで、エビデンスにこだわるとしばしば陥りやすい無味乾燥さを読み手に感じさせない構成になっている。

いいね!

    「アルコール・薬物依存(いぞん)臨床ガイド」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アルコールヤクブツイゾンリンショウガイド エビデンスニモトズクリロントチリョウ
    あるこーるやくぶついぞんりんしょうがいど えびでんすにもとずくりろんとちりょう

    アルコール・薬物依存(いぞん)臨床ガイド - エビデンスにもとづく理論と治療 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本