こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

すごい弁当力!

子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わる
5.0 5.0 (レビュー4件)
定価: 1,575 円

一昨日の夕食は思い出せなくても、弁当の思い出は、鮮やかによみがえる。心の中に弁当が刻まれている。それが弁当の力だ。きっとあなたも弁当がつくりたくなる。人気コミック『玄米せんせいの弁当箱』にも関わった佐藤剛史が、あなたの「手づくり弁当」の思い出を、強い力に変える。

いいね!

    「すごい弁当力!」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      普段何気なく食べている手作り弁当。
      探ってみると奥が深い!深すぎる!
      自分も学生時代、独身時代、母親に毎日作ってもらっていたけれど、いざ、自分がお弁当を作る番になったら、母親のしてくれていた当たり前だと思っていたお弁当の大変さ、愛情をひしひしと感じてます。
      嫌いなものをいかに食べやすくするか、栄養面、彩り、好きなものも入れて…と色んな思いが詰まっているんですよね~。
      お弁当を作ることで、色んな社会が見えてくる、食事のバランス、食べる人への愛情、食の安全、果てには日本の食料自給率…
      子どものうちにお弁当を作らせてみることの大切さ。

      わが子の学校では年に1度、弁当の日、というものがあり、初級は一緒に買い物に行く。献立を考える。詰める。中級は一緒に1品作ってみる。上級は全部自分で作る。今年は半分くらい自分で作らせてみました。自分で作った方が早いけれど、これも子どもを成長させるため、とジッと見守りました。
      お弁当を作れるようになると、いざ、自立したときに、まごまごせずに、食事がつくれるようになりそう。食生活の基盤ができそう。

      毎朝早起きはつらいけれど、さあ、また明日もお弁当作るぞ!という気にさせる1冊でした。
      >> 続きを読む

      2017/06/15 by

      すごい弁当力!」のレビュー

    • お弁当作りって、本当に大変なんですよね・・・

      2017/06/15 by アスラン

    • 今までは、ただ、お弁当の大変さと、愛情、わかってくれてるのかなぁ~と思っていたのですが、これを読んで、ちょっと自分の意識も変わりました。
      もともと料理は特別好きではなくて、大変は大変なんですけれど、自分が頑張った分、家族は健康でいてくれる、ということと、いつか、お弁当のことを思い出してくれるとか、自分の意識次第で、ほんのちょっぴりですが、日本の食糧事情、自給率に貢献できるかもしれない、とか。
      >> 続きを読む

      2017/06/15 by taiaka45

    • 評価: 5.0

      3年前の4月から、かみさんの手作り弁当が続いている。
      娘の高校入学に合わせてで、今はかみさん自身のと二つだ。
      弁当には、フタをあける楽しみがある、驚きもある。
      単に、弁当には弁当の留まらない広くてたくさんのものが詰まっている。
      これは、暮らしのいろんな場面にも応用できると思う。
      そこには、何にもまして、思いやるこころが詰まっているから(^^)


      と書いてから、約5年経過。
      今も弁当は続いているが、来年の3月までかなあ~。
      >> 続きを読む

      2015/07/30 by

      すごい弁当力!」のレビュー

    • 私はたまにお弁当作る時も夕飯の残りとかで適当に作ってしまうので、お弁当らしいお弁当をささっと作れるようになるのが夢です。フタを開ける楽しみがあるお弁当っていいですね♪ >> 続きを読む

      2015/07/30 by sunflower

    • 評価: 5.0

      2度目の読了。様々なお弁当のエピソードにやっぱり泣けた。 この本は私の、お弁当に対する考え方をガラリと変えてくれた本です。 お弁当が作りたくなった。美味しいお米を食べたくなった。 春から始まるお弁当生活。今までのように、「頑張って、仕方なく」作るのではなく、「楽しんで、幸せな気持ち」で作るようにしよう。

      ***************************************************
      2015年7月17日★★★★★
      まさか泣ける本だったとは・・・。
      お弁当によって育まれる愛情、感謝、思いやりの気持ち。
      子供が自分でお弁当を作る「お弁当の日」は本当に良いなと思った。
      私も学生時代は「作ってもらうのが当たり前」で、毎朝早起きして作ること、献立を考える大変さがわからず、感謝の気持ちが全然無かった。
      大半の人はそうなんじゃないかな、と思う。それを子供のうちにわかったり、食べる人のことを考えて作るようになり、気遣いができるようになったり・・。素晴らしいな。

      冒頭の著者の母が作ってくれたお弁当に関するエピソード。
      お弁当のフタがゆるくてカバンの中が汚れてしまい、母を怒った、
      あの日の自分を殴りたい、と。そこからもう涙。私も似たような経験があって、後悔していたから。

      ずっと母の事を思い出しながら読んだ。

      私はお弁当を作るのが苦手だ。
      だけど、作る相手が出来たら頑張って作ろうと思う。
      「お弁当作り」=「節約」というイメージだったけど
      「お弁当」=「愛情」なんだな。
      >> 続きを読む

      2015/07/21 by

      すごい弁当力!」のレビュー

    • 感謝の気持ちって大事ですね。

      2015/07/21 by naganaga

    • >ずっと母の事を思い出しながら読んだ。

      学生当時はなんとも思わず・・・というよりもマックとか食べたいけどお金がないからしぶしぶお弁当・・・というような気持ちでいましたが、今思うと毎日作ってもらったこと、感謝しなきゃけませんね。 >> 続きを読む

      2015/07/21 by ただひこ

    • 評価: 5.0

      お弁当=愛情
      お弁当で世界が変わる!

      というエピソードや著者の、お弁当の普及活動が記載されています。
      小学校などで、月一回、子供自身が、お弁当を作って持参する日を普及し、親の大変さ、食べ物の有り難みを実感して貰う企画は賛同したいと思いました。

      立て続けに食べ物、世界
      とレビューしてみました!

      涙を誘う一冊です。
      >> 続きを読む

      2012/12/05 by

      すごい弁当力!」のレビュー

    • イシイのオベントくん♪
      ミートボール♪

      2012/12/06 by makoto

    • >Aslanさん
      涙、でましたよ~(笑)
      働く母に対し、小さな子供自身がお弁当は大変だから。。と、お弁当を頼めず、買い食いしていた事を、後日知る母の後悔などなどのエピソードに、ウルッと!
      ぜひ、「母ちゃん、弁当!」と気兼ねなく言われるような余裕ある姿勢も片隅に意識したいと思いました!

      >Makotoさん
      お弁当じゃなくとも、活躍中です(笑)


      >> 続きを読む

      2012/12/07 by BEAUSOLE


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    スゴイベントウリョク コドモガカワルカゾクガカワルシャカイガカワル
    すごいべんとうりょく こどもがかわるかぞくがかわるしゃかいがかわる

    すごい弁当力! - 子どもが変わる、家族が変わる、社会が変わる | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本