こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ポーランド映画史

カテゴリー: 映画
定価: 6,300 円

プロローグ;トーキー以前のポーランド映画;一九三〇年代のトーキー映画時代;ポーランド映画は誰の夢か―第二次世界大戦後の映画とポーランド国民の帰属意識の政治的構築;スターリン主義映画の手法―社会主義リアリズムの映画;ポーランド派再訪;一九六五年から七六年までの、文学作品の映画化、私的な映画、通俗映画;「保護色」と「麻酔なしで」―「不信の映画」、「連帯」時代、そしてその後;戦いのあとの風景―民主主義の回復;ポーランド映画におけるスターリン主義像;戦後ポーランド映画におけるホロコーストの記憶とユダヤ人像;アメリカ風ポーランド映画

いいね!

    「ポーランド映画史」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ポーランドエイガシ
    ぽーらんどえいがし

    ポーランド映画史 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    岳飛伝 九 曉角の章

    最近チェックした本