こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

闇旗本・人斬り始末

書下ろし長編時代小説
カテゴリー: 小説、物語
定価: 560 円

若侍・今村新九郎は、神明夢想流という居合術の達人。元福井藩家老の嫡男であるが、故あって今は浪人の身である。おのれの力を試さんと江戸に出たはいいが、そこで大盗人である明神の弥七や箕輪の文治らに出会い、血生臭い事件に巻き込まれてしまう。弥七らが仇と狙うのは、「畜生働き」という一家皆殺しにして金品を盗む残虐極まりない盗賊の大集団である。しかもその背後には徳川幕府内に渦巻く醜い権力争いがあったのだ。悪逆非道の一味を叩き斬ったことから、新九郎は思わぬ権謀術数の世界へと、足を踏み入れることになった。本田正純、大久保忠隣、そして徳川家康...。目にも止まらぬ居合の剣で、新九郎は悪を斬り続ける。

いいね!

    「闇旗本・人斬り始末」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヤミハタモトヒトキリシマツ カキオロシチョウヘンジダイショウセツ
    やみはたもとひときりしまつ かきおろしちょうへんじだいしょうせつ

    闇旗本・人斬り始末 - 書下ろし長編時代小説 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本