こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

まだ見ぬ公爵からの求婚

カテゴリー: 小説、物語
定価: 970 円

1810年、イングランド。ホリンドレイク公爵のもとに届いたのは、跡つぎのスタンドン卿との結婚を切望する、男爵令嬢フェリシティからの手紙だった。手紙を読んだ老公爵は、放浪中の孫のスタンドンの卿のふりをして、フェリシティと文通を始める。―3年後、第十代ホリンドレイン公爵となったはずのスタンドン卿からの便りが途絶え、不安になったフェリシティは、双子の妹タリーと従姉妹ピピンを連れてロンドンにやってきた。いっぽう爵位を継ぐために12年ぶりに戻ったスタンドンは、祖父が勝手に決めたフィアンセの存在に驚き、謝罪して婚約をなかったことにしようと、フェリシティのもとを訪ねる。およそ公爵らしからぬ軍隊帰りのくたびれた姿で...。―通称ダッチェス(公爵夫人)ことフェリシティは、はたして本物の公爵夫人になれるの―。

いいね!

    「まだ見ぬ公爵からの求婚」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    マダミヌコウシャクカラノキュウコン
    まだみぬこうしゃくからのきゅうこん

    まだ見ぬ公爵からの求婚 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本