こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ぼくは戦争は大きらい

やなせたかしの平和への思い
3.3 3.3 (レビュー3件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 1,365 円
いいね!

    「ぼくは戦争は大きらい」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      ”戦争”これは、体験された人でないと絶対にわからないものだと思う。
      想像できない部分が圧倒的だと思う。
      やなせさんの書かれた内容を読んで、いろいろな面があるものだと再認識した。
      もちろん、いつ、どこで、どんなタイミングでということや、現地の文化や状況など、同じことはありえないのが、ますます複雑化につながる。
      とはいえ、あってはいけないことだと思う。
      そして、今の時代、現地からかけ離れた世界にいる人たちが、それを判断し実行に移し、自分たちは安全な場にいるのだということを忘れていはいけない。

      2015/02/07 by

      ぼくは戦争は大きらい」のレビュー

    • 〉自分たちは安全な場にいるのだということを忘れていはいけない。
      もはや安全な所にいないのだということに気づかなければならないと思いますよ。
      憲法改悪したらおそらくそこでアウトです。
      基本的人権の項目を削除するそうですよ。自民党案では。
      >> 続きを読む

      2015/02/07 by 月うさぎ

    • 評価: 2.0

      やなせさんの戦争体験、ちょっとイメージと違った。 エッセイ的なものと思っていたが、たんたんと語られていた。

      2015/01/02 by

      ぼくは戦争は大きらい」のレビュー

    • 評価: 4.0

      「アンパンマン」の作者、やなせたかし氏への戦争体験についてのインタビュー。

      著者は、偶然の巡り会わせから、激戦地には行かずに済む。
      当初、国内での任務についたが、後、中国の福州へ。
      その後、さらに上海に向かうが、その上海で終戦を迎える。

      その間、大きな戦闘もほとんど経験する事なく済んでいる。
      そのためなのか、「南京時間は無かったと信じている」という言葉も飛び出す。
      (この一行だけの記述だったが)

      だが、それでも
      「ぼくは戦争がきらいだから、早く忘れたかったんです。なかった事にしたかった。」
      と語っている。

      軍隊に入り、待ち構えていたのは「古参兵によるいじめ」

      また、使う装備は旧式。
      それをごまかすために「我々には大和魂がある」という、意味不明の精神論を語りだす上層部。

      この事だけでも、「お先真っ暗」という気持ちになったという。

      著者が直面したのは「戦場の残酷さ」よりも、「日本軍の暗部」の方。
      先にあげた、意味不明の精神論に加え、略奪した物資を勝手に自分の荷物として、日本に送る参謀がいたりなど・・・。

      そして、終戦により故郷に帰って聞いたのは「弟の死」
      また伯父も激戦地フィリピンから生還していたが、がりがりに痩せていた、という。

      その運命を分けたのは、単なる「偶然」
      偶然の巡り合わせ一つで、こうまで運命が変わってしまうものなのか。

      ところで本書で、一番、言いたいと思っていた事は、「おしまいに」に書いてある部分だと思う。

      「なんだか、このところ世の中全体が嫌なものはみんなやっつけてしまおう、というおかしな風潮になっているような気がしてなりません。」
      この事は自分もなんとなく感じていた。
      強いて付け加えるなら、
      「相手の言い分を聞く事なく(聞いたフリも含む)」
      ということ。

      そして「やっつけてしまうおう」と一番大声で叫んでいる人は、実際に嫌なものをやっつける事になったら、決して先頭には出てこない。

      だが、だからと言って、相手(「やっつけてしまおう」と叫んでいる人)を排除してもいけないのだろう。
      そうしたら、やっていることは一緒だ。

      だからこそ、著者は、こう語る。
      「嫌な相手ともなんとかして一緒に生きていくことをかんがえなければならないのだと思います。」
      >> 続きを読む

      2014/02/08 by

      ぼくは戦争は大きらい」のレビュー

    • やなせたかしさんの本なのですね。
      レビュー拝見しただけでも考えさせられます。

      2014/02/09 by chao

    • >iceさん
      国同士だと、お隣がイヤだからと言っても、引越しするわけにはいかないですからね・・・。

      >makotoさん
      危機を煽る人たちの本心は、都合の悪い事から目をそらす、という所にあるのでしょうね。

      >chaoさん
      やなせたかしさんが亡くなってから、その言葉の重さに気付き、作品を読むようになりました。
      もっと早く気が付いていれば、という思いばかりが募ります。
      >> 続きを読む

      2014/02/09 by Tucker


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ボクワセンソウワダイキライ ヤナセタカシノヘイワエノオモイ
    ぼくわせんそうわだいきらい やなせたかしのへいわえのおもい

    ぼくは戦争は大きらい - やなせたかしの平和への思い | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本