こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

板尾創路とピエール瀧の考える文化

ハチ公はなぜ剥製にされたのか?
2.0 2.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 大衆演芸
定価: 1,365 円

孤高の芸人・板尾創路と、孤高のミュージシャン・ピエール瀧が、忠犬ハチ公、ゴッホの「ひまわり」、修学旅行、映画、フェラーリ、オペラなど23の身近であたりまえにある文化を独自の視点で再検証した対談集。異才の想像力をお裾分け。

いいね!

    「板尾創路とピエール瀧の考える文化」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      板尾創路もピエール瀧もどちらも好きなので何となく手に取ったのだが
      2人のキャラクターの割には、内容は案外普通。
      もっとディープなのを期待していたので、ちょっと物足りない。

      2017/01/01 by

      板尾創路とピエール瀧の考える文化」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    イタオイツジトピエールタキノカンガエルブンカ ハチコウワナゼハクセイニサレタノカ
    いたおいつじとぴえーるたきのかんがえるぶんか はちこうわなぜはくせいにされたのか

    板尾創路とピエール瀧の考える文化 - ハチ公はなぜ剥製にされたのか? | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ピエール瀧の作品