こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ケトル VOL.16

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 真山りか(私立恵比寿中学)河瀨直美西田善太伊藤弘マキタスポーツ岸勇希山本兼一Charisma.com南馬越一義
カテゴリー: 日本の雑誌
定価: 945 円
いいね!

    「ケトル VOL.16」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      やっぱりタモリが大好き!
      タモリ特集。

      今、日本人に一番うける男タモリ。
      あの惚けた表情に皆が安心するんだろうね。
      今年3月で終了する「笑っていいとも」が32年の歴史に幕を下ろすことが決まって、さらにタモリ人気が高まった感じ。
      この雑誌もそういう流れである。

      まあ、知っている内容もあるかもしれないが、
      タモリ好きなら常識トリビア集を3つお届けする。

      ①テレフォンショッキングは当初、「タモリが大ファンの伊藤つかさまで芸能界交友関係をつなげてたどりつけるか」という企画だった。

      ②最初は普通のメガネをかけていたが、高平哲郎が「素顔は迫力がないから」と私物であるレイバンのサングラスをかけさせ、それ以降定着。

      ③テレフォンショキングのお友達紹介でゲストの泰葉が誤って一般会社に電話してしまったところ、次の日は間違い電話に出た女性会社員が出演した。

      最後にこの雑誌で一番心に響く言葉を紹介。


      ”最高のサラリーマン。
      松岡正剛さんはいう、「タオリの芸は仕込まない」。
      だから誰がゲストでも、どんなハプニングがおこっても、
      その場で対応してしまう。
      まるで、ジャズミュージシャンのようなインプロビゼーションを
      作り出す。なにしろ、その伝説の「イグアナ」だってジャングル風呂で赤塚不二夫に面白いことやれって言われて、背景のジャングルにあわせてとっさに生まれた芸なのだ。
      そんなタモリさんは秋葉原が好き。「過去を振り返らない街」だから。絶えず変化する状況に自分をミックスして、クリエイティブな表現を作り出すタモリさん。
      まさに時代の変化に対応して次々イノベーションを生み出して来た。それってビジネスマンに求められる姿勢そのもの。
      タモリさんは最高のビジネスマンだ!”
      >> 続きを読む

      2014/02/02 by

      ケトル VOL.16」のレビュー

    • >③テレフォンショキングのお友達紹介でゲストの泰葉が誤って一般会社に電話してしまったところ、次の日は間違い電話に出た女性会社員が出演した。

      3つとも知りませんでしたが、これはビックリです!!!
      >> 続きを読む

      2014/02/02 by chao

    • わたしが生まれるずっと前からあった番組なので、なくなるって言うのが想像できないくらいです。 >> 続きを読む

      2014/02/02 by aimi☆


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ケトル VOL.16 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    孤島の鬼 (創元推理文庫)

    最近チェックした本