こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ボーイミーツガールの極端なもの

3.7 3.7 (レビュー3件)
著者: 山崎ナオコーラ
定価: 1,728 円
いいね!

    「ボーイミーツガールの極端なもの」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      サボテンを中心にゆるく繋がる短編の集まり。

      いじめのについての所が具体的にはあまり書かれていないのになんだかリアルな感じがした。
      特別成績が悪くもなく、容姿も特徴が無いのに、、、、みたいな。
      自責の念に囚われていたり。

      人とのコミュニケーションが不自由な感じの人物が何人かいて、やっぱそのあたりの話が好き。
      引きこもりアイドルの最初のWebへの動画アップのエピソードなんか好き。
      >> 続きを読む

      2017/06/05 by

      ボーイミーツガールの極端なもの」のレビュー

    • 評価: 3.0

      管理栄養士を目指す大学生は野球選手との結婚に憧れ、子育てを終えた中年の女性がファッションデザイナーと巡り合う。
      引きこもりニートは松田聖子に恋慕し、その弟は誰に対しても自分から「さようなら」を切り出せず、兄弟の父親は妻と再会する。
      人と接するのが苦手な少女は思いがけず人気アイドルになって、アイドルの付き人は嫉妬に苦しみ、三流俳優は枕を濡らす。
      植物屋の店主は今日も時間を忘れてサボテン愛に耽る。

      年齢も性別も境遇も異なる男女が出会い、恋をし、時には別れを経験する。
      「絶対的な恋なんてない」
      不格好でも歪でもいい、人それぞれの恋愛の方法を肯定する連作小説集。

      “恋愛は苦手だけど、恋愛小説は好き”なあなたに贈る、心に柔らかい刺を残す連作短編小説集。人気多肉植物店「叢」のサボテン×山崎ナオコーラのラブストーリー。

      「hоntо+(ホントプラス)」というフリーペーパーに2013年7月から2015年2月まで連載されていたものを纏めたものです。

      「ニキの屈辱」以来の恋愛小説ということですが、確かに本作は徹頭徹尾、恋のお話し。
      ナオコーラさんの描く小説世界に登場する人々は、傷つきやすく、外に向かって自己を主張しないキャラクターが多いです。
      そんな人付き合いに不器用な人々が織り成す恋模様。

      そもそも「付き合う」ってどういうことだろう?
      「さようなら」という別れの感覚が嫌で、ひとつの恋に区切りをつけられず、誰とでもセックスしてしまうのっていけないことですか?
      70歳をこえる今まで、異性に好意以上の感覚をもったことがなかったからわからないのだけれど、これが恋なのかしら?

      プラトニックラブという言葉を久しく耳にしていなかったことに気づきました。
      40後半を迎えた男性が、長らく好きだった相手に告白するのですが、「僕は君にプラトニックラブなんです」とは、高潔な。
      なにも湿り気を帯びたような男女の恋愛だけがすべてではないのですよね。
      僕らの青春時代には間違いなくプラトニックラブってありましたよ。
      相手になんにも求めない。
      いい思い出だけで生きて行けたものです。

      いろいろな人間がいて、みんなが緩く繋がっていて、この世の中は成立している。
      多肉植物の美しい写真を挟みながら、ほのぼのとした気持ちにさせてくれる連作恋愛短編集です。

      マイノリティのために芸術はあるのです。
      >> 続きを読む

      2016/03/27 by

      ボーイミーツガールの極端なもの」のレビュー

    • ナオコーラさんも、気になってます。
      いつ会えるやら、、、。

      ちょっといいながあるんですね ワァイ
      わたしなどこの頃ドキドキを感じなくてうら寂しいです。お花見くらい外にでようと用事もあって四国まで行ってきます。
      >> 続きを読む

      2016/03/29 by 空耳よ

    • >空耳よさん
      いつも、コメントありがとうございます。
      四国って行ったことがありません。うらやましいです。
      今は橋がたくさんかかっているから、陸路で行けるのですよね。
      北海道にも行ったことがありません。
      死ぬまでにいちどは物見遊山で行ってみたいものです。
      道中、お気をつけて。
      >> 続きを読む

      2016/03/29 by 課長代理

    • 評価: 4.0

      型にはまらない恋愛小説。どの話にもサボテンが出てきて、サボテンの特徴と話の流れが上手く噛み合っててすんなりと読めた。ナオコーラさんの文章好きかもしれない……ほかのも読んでみよう。
      ☆5つにしなかったのは、話の最中にサボテンの解説と写真が入るから。各章の最後に書いてあれば、もう少し話にのめり込めたかなぁ、と思ったので。

      2015/07/13 by

      ボーイミーツガールの極端なもの」のレビュー

    • サボテンは人の言葉が理解できるとどこかで聞いたような気がします。

      2015/07/14 by ice

    • >iceさん
      そうなんですか~初めて聞きました

      2015/07/15 by ぶんぶん


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ボーイミーツガールの極端なもの | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本