こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ぼく うれしかった (至光社ブッククラブ国際版絵本)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 佐久間 彪井口 文秀
定価: 1,121 円
いいね!

    「ぼく うれしかった (至光社ブッククラブ国際版絵本)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      とても良い絵本だった。

      聖書に出てくる、はぐれた一匹の子羊を探し出す羊飼いの物語。

      子羊の視点から、そのことが、とてもわかりやすく、あたたかく描いてある。

      あらためて、この御話が心にしみた。 >> 続きを読む

      2013/05/14 by

      ぼく うれしかった (至光社ブッククラブ国際版絵本)」のレビュー

    • 憧れの羊飼いですね♪

      でも、ホントはヤギがいいんです。
      そう言えば、ヤギ飼いって聞かないですねー >> 続きを読む

      2013/05/15 by makoto

    • <カカオさん

      そういうイメージありますよね!^^



      <月うさぎさん

      たぶん、親鸞の悪人正機説と同じで、放蕩息子もこの一匹の羊も、「悪人」も、自分自身がその存在だったと思う人の心にしみる物語なんじゃないかと思います^^
      それと、この羊飼いの格好、なるほど、いろいろ混ざって描いてあるのかもしれませんねw


      <iceさん

      うーん、よくわからないのですが、ひょっとしたら日よけのターバンやマントかもしれませんw
      今のアラブの人がよくかぶっているような^^


      <makotoさん

      ヤギもいいですよね~w
      そういえば、たぶん、兼業してそうですよねw
      >> 続きを読む

      2013/05/16 by atsushi


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ぼく うれしかった (至光社ブッククラブ国際版絵本) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本