こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

HELLSING - 1

4.2 4.2 (レビュー3件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 520 円
いいね!

    「HELLSING - 1」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

       アーカードかっこいいですね。

       時々ギャグ画になるのがまた、楽しい。

       この人の漫画は容赦なく下品に、エグい。潔いから、いっそあっぱれ。

      2014/07/12 by

      HELLSING - 1」のレビュー

    • 吸血鬼ネタとしてはベタなようなそうでもないような、微妙な匙加減が面白い作品ですよね。 >> 続きを読む

      2014/07/13 by ice

    • 何事も迷いなく潔いとあっぱれ♪ですよね(笑)

      2014/07/13 by sunflower

    • 評価: 4.0

      HELLSING 第1/全10巻

      人間を襲う吸血鬼やグールに対峙する、人間側に付く吸血鬼アーカード。

      ありがちに思われるストーリーかと思ったが、意外に深そうで、また絵の感じも良い。

      吸血鬼などの化け物を相手にする大英帝国の王立国教騎士団、通称「ヘルシング機関」

      そこに所属し、人間側に付いて、化け物の抹殺を行う吸血鬼アーカードを中心として展開する。

      いわゆる無敵(と言うより不死身?)のヒーローが登場する、ありがちなストーリーにも感じたが、カトリックとプロテスタントの対立や、いわくありげなキャラクターが飽きさせない。

      正直、あまり期待せずに読み進めていたのだが、ヴァチカンそして、その直属の類似組織「イスカリオテ機関」との対立関係の存在は今後の展開を大いに期待させる。

      最近は結構マンガを読んでいるのだが、1巻だけ読んで放置状態になっている作品も少なくない中、この作品は名作の予感がする。

      ヤングキングへの連載と聞いて、少年キングに連載されていた湘南爆走族を思い出した。もしかしたら一番好きなマンガかも知れないなぁ。
      >> 続きを読む

      2013/04/17 by

      HELLSING - 1」のレビュー

    • 吸血鬼にキリスト教、盛りだくさんですね!
      イラストの雰囲気、けっこう好きです☆

      2013/04/17 by chao

    • お、ついにHellsingですね。カトリック、英国国教会、そしてナチス残党の闘いですよ。
      この漫画は結構面白いです(あと、時々バカやってくれます)。私としてもお勧めです。
      >> 続きを読む

      2013/04/20 by Shimada

    • 評価: 5.0

      Hellsingはどう分類しても平野耕太系としか分類できないと思いました。
      物を書く、あるいは描くという事は作者が何らかの意味(寓意or Minor Thesis)を込めるという事だと習ってきた私ですが、それで測るべきではない作品もあるというか、深読みせず楽しむところから個々人何かを読むというスタイルもあるのではという作品の一つが本作。最初に出会った作品は指輪物語です(当人がこの作品に何ら寓意を込めていないと断言している。他方でこの作品に惹きつけられる点は多い)。
      一言で言えば英国でバンパイア物語です。全てを収束させる点としてのヘルシング家インテグラと動き回るArchard。それらを軸としてのローマ教会勢力とナチス残党(有名な大佐ですね)の抗争を中心として話は進んで行きます。そしてそれらを収束させるべく配置されているセラス・ビクトリアの動きでしょうか。大物同士の対戦はとてもスリリングでかつ興味深く、マンガの醍醐味を最大限に引き出しています。そういった中でも男の意地と言ったものを全く譲る事無く対立させており、最後の方ではえ?あの人まで(1話から見れば)?といった展開も有ります。
      面白そうと思える書評になっているかは甚だ疑問ですが、これは騙されたと思って読んでみて良い一作だと思います。
      (オフレコ)あ、ちなみにウォルターは平野耕太の過去の作品でウォルタービームとかウォルターみっさーいるとか放っていた記憶があります(過去の作品登場者も多数登場しておりますね)。
      >> 続きを読む

      2012/10/14 by

      HELLSING - 1」のレビュー

    • ドリフターズはそのうち登録しようと思っておりました。平野耕太氏は商業でヘルシング、ドリフターズの他にもう一冊出ていた記憶があります。 >> 続きを読む

      2012/10/15 by Shimada

    • 読んでみました♪

      まだ、1巻ですけど「名作の予感」がしました(笑)

      2013/04/17 by ice


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ヘルシング
    へるしんぐ

    HELLSING - 1 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本