こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ドリフターズ 第4巻 (ヤングキング・コミックス)

4.7 4.7 (レビュー2件)
著者: 平野耕太
定価: 617 円
いいね!

    「ドリフターズ 第4巻 (ヤングキング・コミックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      最新刊が出たので最初から再読。
      冷や汗一滴かいたら負け。
      いやあお豊の空気の読まなさと、ノブノブの追い打ちが酷い。
      そして土方。
      そうよねえ。
      バトルオブセキガハラが長い年月かけての幕末の騒乱だものなあ。

      2018/12/10 by

      ドリフターズ 第4巻 (ヤングキング・コミックス)」のレビュー

    • 評価: 5.0

      いよいよ表紙に、土方歳三登場。

      主人公・妖怪“首おいてけ”こと島津豊久。
      そして、“バラガキのトシ”こと土方歳三の
      対戦が見られます。

      なるほど・・・薩奸かぁ。

      そう考えればそうだよなぁ・・・

      最後まで“武士”という単語に拘ってきた男と
      生まれついての“武士”との死闘のあとに生まれる感慨もなかなかでした。

      “武士”として、敵に認められるこの辺の演出は心憎い限りです。

      あとはサンジェルミ(サンジェルマン伯爵)に
      「あんたさ コーメーとかシューユっぽい立場のノリだけど あんたの今の現状 陳宮ぽいわよね」
      と言われてしまう第六天魔王様(笑)や

      帯でのルークとヤンの“猿でもわかる新撰組”の扱いもヒドい。

      それよりもひどいのはラスプーチンの扱い。
      前作『ヘルシング』の少佐とは役者が違いすぎますね。

      タイトルにもなっている電気グルーヴの『スマイスレススマイル』が、ぴったり過ぎて泣けます。
      >> 続きを読む

      2014/11/01 by

      ドリフターズ 第4巻 (ヤングキング・コミックス)」のレビュー

    • 新撰組編みたいですね。

      設定がしっちゃかめっちゃかしてそう(笑)では有りますが、面白そうです。 >> 続きを読む

      2014/11/01 by ice

    • >設定がしっちゃかめっちゃかしてそう(笑)では有りますが、面白そうです。

      そうですね!!
      “ぼくの考えた歴史偉人大バトルSLG”という感じで
      (自分はやったことないのですが)
      話の内容としては、偉人版『スーパーロボット大戦』というのが一番近いみたいです。
      >> 続きを読む

      2014/11/06 by きみやす


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ドリフターズ 第4巻 (ヤングキング・コミックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本