こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ふしぎな十字架

5.0 5.0 (レビュー1件)
定価: 840 円
いいね!

    「ふしぎな十字架」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      天草に伝わる切支丹の民話。

      ある村の庄屋さんの庭に、たくさん実がなる大きな柿の木があって、村人みんなもその柿の実を楽しみにしていたそうである。

      しかし、ある格別に寒い年、薪もすべてなくなってしまい、村人みんなが困っている時に、庄屋さんは柿の木を切り倒して、みんなの薪に使うように指示する。

      庄屋の息子が木を伐り倒し、薪にしようと割ると、なんと中から十字架の形が出てきた。

      人々は驚き、大切に拝むようになった。

      しかし、切支丹を快く思わない人が、その木を燃やしてしまった。

      周りの部分はすべて焼けてしまったが、十字架の部分だけは色は黒くなったものの、しっかり焼け残っていた。

      それで、御堂に安置し、大切に礼拝するようになったとのことである。

      庄屋さんが、神様がどんな災難にも、決してくじけてはならぬ勇気とのぞみを私たちにお示しになったのだ、と語るシーンは、なかなか胸にくるものがあった。

      鎖国の間、このような民話が語り継がれたことが、すごいと思う。
      >> 続きを読む

      2013/05/23 by

      ふしぎな十字架」のレビュー

    • >庄屋さんは柿の木を切り倒して、みんなの薪に使うように指示する。

      切り倒したばかりの生木でも燃えるんですかね? >> 続きを読む

      2013/05/23 by makoto

    • <tadahikoさん

      たしかにw


      <makotoさん

      たしかに!w
      >> 続きを読む

      2013/05/23 by atsushi


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    フシギナジュウジカ
    ふしぎなじゅうじか

    ふしぎな十字架 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本