こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

弱気な死人 (ヴィレッジブックス)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: ドナルド・E. ウェストレイク
定価: 864 円
いいね!

    「弱気な死人 (ヴィレッジブックス)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0


      ドナルド・E・ウェストレイクの「弱気な死人」は、経済的に行き詰ったバリーとローラの夫婦が、保険金詐欺を企むユーモア・クライム・ノベルだ。

      ローラは、南米の小国の出身で、その母国なら「煙草ひと箱で死亡証明書が手に入る」し、「警察だって世界一優秀というわけじゃない」ので、その地でアメリカ人の夫が死んだことにすれば、三十万ドルの保険金を受け取ることが出来る。

      というわけで、二人の計画がスタートするのだが、この手の小説は、そのまま成功したらつまらないわけで、どういう風に捻じれていくかにある。

      ローラの一族は、全員でバリーの贋の葬式に協力してくれるのだが、なぜか保険金は一族で山分けと勘違いして、だったらバリーが本当に死んでしまえば、保険金は間違いなくおりると考える奴が現われる。
      こうなると、バリーは逃げなくてはならなくなる。

      さらに、保険会社の調査員はやって来るし、アメリカにいるローラとは連絡が取れなくなるし、怪しい奴らがいっぱい現われるから、一体誰が味方なのか敵なのか、バリーにはわからなくなる。

      かくて、万全の計画が次々に綻びて、思わぬ方向にずれていくんですね。
      このあたりのドタバタは、さすがウェストレイク、安心して読ませてくれます。

      >> 続きを読む

      2018/12/24 by

      弱気な死人 (ヴィレッジブックス)」のレビュー

    • ウェストレイク作品(名義)好きです。

      特にドートマンダー・シリーズは面白かったな~😊

      久しぶりにウェストレイク作品(スターク名義も)読みたくなりました。
      >> 続きを読む

      2018/12/24 by アーチャー

    • アーチャー 様

      コメントありがとうございます。

      ドナルド・E・ウェストレイクは、クライム・ノベルの作家の中でも好きな作家の一人で、どの作品も面白く、暇をみつけては読み耽っています。

      天才的な泥棒のドートマンダー・シリーズの「逃げだした秘宝」や「ホット・ロック」、何度も映画化されているリチャード・スターク名義の悪党パーカー・シリーズの「悪党パーカー/人狩り」も良かったですね。

      また、アメリカ探偵作家クラブ最優秀長篇賞を受賞した「我輩はカモである」などのノンシリーズもまたいいんですよね。

      それから、コミカルな味わいとサイコ・スリラーの恐怖とを合体させた「斧」も名作だと思いますね。

      >> 続きを読む

      2018/12/25 by dreamer


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    弱気な死人 (ヴィレッジブックス) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本