こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

あんけら荘夜話

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 大衆演芸
定価: 2,940 円
いいね!

    「あんけら荘夜話」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      桂小文枝さんが、五代目桂文枝さんを襲名後三年半経って出版された本。
      襲名されたのが平成四年、丁度二十年前のことである。

      はんなりとした芸風で、リズミカルなあの独特の鼻にかかった声は今でもきっちりと思いだすことができる。

      でも、この本で一番びっくりしたのは、本人曰く、しゃべりの呼吸(イキ)とかはすべて五代目の松鶴師匠です。
      聞きはる人が聞くと、「五代目によう似てるな」というてくれはります。
      ご自分の十八番である「鮒弁慶」、「天神山」、「植木屋娘」すべて五代目さんの呼吸をいただいていると。

      そういえば、鶴二さんが、笑福亭と文枝一門とはネタがだぶってますと、
      「天王寺詣り」、「稽古屋」、「蛸芝居」、「船弁慶」、に「天神山」、「三枚起請」、「口入屋」、そして「三十石」

      今の鶴二さんが、はんなり目指しているのも、けっして笑福亭から離れたもんでは無いんですな。


      代四章 小文枝の春で、「あやめ」から「小文枝」になる途中に別の名前を名乗っていたと。
      なんと、それは「笑福亭鶴二」はん。

      肺結核で闘病生活を送って、退院してからはしばらく寄席にはでていなかったのだが、、ある時、「勉強がてらの喋ってみるか」と声をかけられたのだが、そのとき、まだ亡くなった五代目松鶴師匠の預かり弟子のままで、正式に文枝師匠の元に復帰もしていないので「あやめ」では都合が悪い。

      お囃子の中田つるじさん・・・この方元々五代目松鶴の弟子で「笑福亭鶴二」という噺家さん。
      「ほかの名前つけて、さしさわりがあったらいかんさかい、わしの名前をつけときいや」と、
      そんなことで、二、三回、「笑福亭鶴二」という名前ででたことがあるんです・・・と。

      歴史ですな・・・。

      松鶴と小文枝、小文枝と鶴二、まんざら今の鶴二さんの十八番が「船弁慶」「口入屋」「稽古屋」と、はんなりしていて、五代目文枝師匠に似ているのも、なんかのご縁なんでしょうな。

      このまえ、六代文枝筆頭に弟子たちが五代目文枝を語る本がありましたが、
      この本は、逆に五代目からみた、文枝一門の弟子たちも・・・・・・・・。

      四天王のお一人である文枝師匠が、入門当時の昭和二十二年からの十年、そして二十年はまさに、上方落語の復興の基礎を築かれた様子が事細かに語られている。



      六代文枝襲名にあたり、是非読んでおかれること、お勧めいたしやす。
      >> 続きを読む

      2013/07/06 by

      あんけら荘夜話」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    アンケラソウヤワ
    あんけらそうやわ

    あんけら荘夜話 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本

    桂文枝 5世の作品