こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

臨床真理

3.0 3.0 (レビュー4件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,470 円

臨床心理士の佐久間美帆は、勤務先の医療機関で藤木司という二十歳の青年を担当することになる。司は、同じ福祉施設で暮らしていた少女の自殺を受け入れることができず、美帆に心を開こうとしなかった。それでも根気強く向き合おうとする美帆に、司はある告白をする。少女の死は他殺だと言うのだ。その根拠は、彼が持っている特殊な能力によるらしい。美帆はその主張を信じることが出来なかったが、司の治療のためにも、調査をしてみようと決意する。美帆は、かつての同級生で現在は警察官である栗原久志の協力をえて、福祉施設で何が起こっていたのかを探り始める。しかし、調査が進むにつれ、おぞましい出来事が明らかになる。『このミステリーがすごい!』大賞2009年第7回大賞受賞作。

いいね!

    「臨床真理」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      心理学が好きで以前から、臨床心理士が主人公の小説を読んでみたかったので図書館で借りて読んでみました
      「このミステリーがすごい!」大賞受賞作品を読むのは初めてだったのですが、長編でありながらも、とても読みやすくすらすらと読めました😊

      主人公の佐久間美帆ちゃんも、美帆の担当患者である藤木司くんもみんなそれぞれ魅力的なキャラクターだと思うのですが、個人的には美帆の同級生で現在警察官の栗原久志くんが好きです
      美帆ちゃんに警察でいる理由を聞かれた時、即座に「安定しているから」と答えるあたり逆に好感が持てました

      しかし、この小説は逆に安藤や高城など最悪な男たちも多く登場するのでキャラクターを嫌いにさせるのも上手だなと思いました
      好かれるよりも、嫌われるほうが難しいのではないかと思うんです
      特に高城のクズっぷりは圧巻だったな、と思います
      最後の最後でとんでもねえ奴だったことが分かって、とっても嫌いになりました!笑
      警察に連れて行かれたときはすっきりしましたね〜

      最後、P322の栗原くんと司が助けに来てくれるシーンで
      「急に身体を抱き上げられる感じがして、耳の側で声がした。
      『佐久間、いますぐ救急車が来るからな』
      『先生、高城は警察に連行された。もうだいじょうぶだから』」
      というところがあるのですが、自分が美帆ちゃんになったくらいその言葉で安心しました…よかったです…
      美帆ちゃんの頑張りがついに実った瞬間だな、と思いました
      一緒に犯人を探していたみたいに嬉しかったです

      この小説、ミステリーが題材なので恋愛は絡んでこないですがもし続きがあったら 美帆ちゃんと栗原くんがお似合いだなと思いました
      司くんが幸せな人生を送れることを願いながら、レビューを書き終えることにします
      >> 続きを読む

      2019/07/30 by

      臨床真理」のレビュー

    • 評価: 2.0

      話としては良いけど、大筋が見えた中盤あたりから着地までがえらく冗長に思えた。全体としてイマイチですね。

      2019/07/03 by

      臨床真理」のレビュー

    • 評価: 3.0

      柚月さんのデビュー作は臨床心理士の物語。

      臨床心理士の美帆が担当したのは藤木司。
      司は福祉施設で彩と通じ合っていたが、彩は不慮の事故で死亡。
      その時から司の精神状態はおかしくなるが、美帆に対し真相を知っていると告白する。

      心の問題ではあるのだが、非常に読みやすい文体でスラスラ読めるのが特徴。

      ただ後半から終盤にかけての展開は予想できるし、女性なら嫌悪しそうな描写も出てくる。
      そこら辺が評価の分かれるところだが、柚月さんの男性的な筆致はデビュー作からすでに見え隠れしていたのか。
      >> 続きを読む

      2019/05/12 by

      臨床真理」のレビュー

    • 評価: 3.0

      プロローグから臨場感があり、テンポも良くてさくさく読んだ。
      だけどけっこう早い段階で先の展開がわかるし、最初に良かったスピード感が減速していくように感じてしまった。

      そしてラストが嫌だった。
      あの描写は必要だったのだろうか・・・

      そんなわけで読了感はいまいちです。 >> 続きを読む

      2012/11/30 by

      臨床真理」のレビュー

    • 臨床ってことは病院モノですかね?

      病院もドラマが多そうなので期待してしまいます。

      2012/11/30 by ice

    • >そんなわけで読了感はいまいちです。

      「いまいち」を、「いまいちぇ」って言うと少し元気になれます♪ >> 続きを読む

      2012/11/30 by makoto


    最近この本を本棚に追加した会員

    10人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    リンショウシンリ
    りんしょうしんり

    臨床真理 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本