こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

新宿歌舞伎町アンダーワールド

カテゴリー: 商業経営、商店
定価: 480 円

あのビル火災も、違法カジノの摘発も、不法滞在外国人たちの売春や強盗も。あらゆる事件とそれにまつわるドラマの舞台はいつも歌舞伎町だった。知る人ぞ知る、日本一の盛り場が最も輝いていた時代―。世紀を跨いでもなお不夜城と呼ばれたあの街を、金と欲望と暴力で支えたのは数多のアブナイ人物たちだった。誰もが一度は目指したこの街で、暗躍し、しのぎ続けた仕事師たちに迫る。

いいね!

    「新宿歌舞伎町アンダーワールド」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      宝島社 (2001/10)

      著者: 日名子暁

      • 評価: 3.0

        歌舞伎町のダークサイドビジネス紹介。
        歌舞伎町に漂うな危険な匂いは、そこで活動する人々が醸し出すものだと実感。

        何人かのルポライターが、それぞれテーマを決めて取材結果をまとめたものという印象。

        風俗情報誌の変遷。ホストクラブの内情。東欧諸国から女性を入国させるプロモーターなど、一見、他の歌舞伎町本と同じに見えてオリジナリティが高い取材対象が多いように感じた。

        断片を組み合わせて歌舞伎町という街を組み上げるような試みは成功しているものの、共著で有るため、残念ながら一貫した主張や総合的な見解などについては示されていない。

        詳細に示されているボッタクリの手口の一例は、もはや騙されて爽快と思わせるような鮮やかさ。
        騙す側も色々と知恵を絞っている以上、ボケッと飲んでいる側は簡単に騙されるのだろう。

        様々な人間達が暗躍し、実際に危険な街であることは疑う余地は無いのだが、そこに立ち入る立ち入らないという選択が本人に任せられている以上、この怪しい魅力を放ち続ける繁華街を何としても残して欲しいと改めて思った。

        歌舞伎町という街は、香港に行ったときと同じように活力を注入してくれる。
        >> 続きを読む

        2012/06/17 by

        新宿歌舞伎町アンダーワールド」のレビュー

      • 歌舞伎町と聞くと、椎名林檎の「歌舞伎町の女王」を思い出します。

        >この怪しい魅力を放ち続ける繁華街を何としても残して欲しいと改めて思った。

        歌舞伎町にはほとんど行きませんが、これは賛成です♪
        >> 続きを読む

        2012/06/17 by tomato


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シンジュクカブキチョウアンダーワールド
    しんじゅくかぶきちょうあんだーわーるど

    新宿歌舞伎町アンダーワールド | 読書ログ