こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

イノセント・ゲリラの祝祭

3.0 3.0 (レビュー2件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 500 円

東城大学医学部付属病院4階。万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長に呼ばれ、無理難題を押しつけられようとしていた。「お願いがありまして...」そう言って取り出した依頼状の差出人はあの火喰い鳥、白鳥圭輔。厚生労働省で行われる会議への出席依頼だった。幻の短編「東京都二十三区内外殺人事件」をプラスし、全面改稿した田口・白鳥シリーズ第4弾。

いいね!

    「イノセント・ゲリラの祝祭」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 評価なし

      多分再読2回目。「チームバチスタ〜」で医療殺人を解明する決め手となった死亡時画像診断の制度の成立を巡り、厚生労働省内外での利権の争いを各勢力が繰り広げる話の流れ。上巻なので詳しい感想は下巻に書く。登場人物が多く混乱するが、逆にこの制度がどのようになるのか。ゆっくり読んでいきたいと思う。

      2016/05/16 by

      イノセント・ゲリラの祝祭」のレビュー

    • 評価: 3.0

      下巻へ

      2011/03/29 by

      イノセント・ゲリラの祝祭」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    イノセントゲリラノシュクサイ
    いのせんとげりらのしゅくさい

    イノセント・ゲリラの祝祭 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本