こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

アジャイルソフトウェア開発の奥義

原則・デザインパターン・プラクティス完全統合
カテゴリー: 情報科学
定価: 6,090 円

アジャイル開発は、めまぐるしく変化する仕様要求にさらされながらも、迅速にソフトウェアを開発する能力を与えてくれる。こうしたアジャイル性(俊敏性)を達成するためには、規律とフィードバックを与えてくれるプラクティス(実践法)が必要だ。また、柔軟性と保守性を兼ね備えた設計を実現するための基本原則や、そうした原則をバランスよく利用するためのデザインパターンを理解している必要がある。本書は、この3つのコンセプト(原則・デザインパターン・プラクティス)をすべて縫い合わせ、1つにまとめようという試みである。Software Development誌Jolt Award受賞。

いいね!

    「アジャイルソフトウェア開発の奥義」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アジャイルソフトウェアカイハツノオウギ ゲンソクデザインパターンプラクティスカンゼントウゴウ
    あじゃいるそふとうぇあかいはつのおうぎ げんそくでざいんぱたーんぷらくてぃすかんぜんとうごう

    アジャイルソフトウェア開発の奥義 - 原則・デザインパターン・プラクティス完全統合 | 読書ログ