こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

プログラマの数学

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 数学
定価: 2,310 円

数学に関心のあるすべての読者へ 文系プログラマを対象にした基礎数学の解説書。<br> <br> 本書は、プログラミングに役立つ「数学的な考え方」を学ぶ入門書です。<br> 難しい数式はいっさい使わず、わかりやすい図、ていねいな解説、パズルを通して、「数学的な考え方」がしっかり身につきます。主な対象読者はプログラマですが、プログラムの知識は不要です。システムエンジニアや、数学に興味のある一般の方も楽しみつつ学べます。<br> 本書は、現代のコンピュータ科学で常識となる内容をカバーしており、高校や大学の情報・数学系の参考書としても役立ちます。<br> <br> ■本書で紹介する「数学的な考え方」<br> <br> ●条件分岐と論理<br> 論理を使って、こんがらがったプログラムや仕様書をスッキリとした形にまとめることを学ぶ。<br> <br> ●繰り返しと数学的帰納法<br> 「数学的帰納法」を使って、有限の記述内容で無限をとらえる方法を学ぶ。また、プログラムの繰り返しが本当に正しく機能するのかを調べる。<br> <br> ●場合分けと数え上げの法則<br> 和の法則、積の法則、順列、組み合わせといった「数え上げの法則」を学んで、プログラミングに不可欠な「もれなく、だぶりなく」考える力を養う。<br> <br> ●再帰的な構造の発見<br> プログラミングでよく出てくる「再帰」の考え方を学び、複雑な問題の中からいかにして構造を見出すかを学ぶ。<br> <br> ●指数的爆発と人間の知恵<br> 指数的な爆発を起こす問題は、コンピュータがいくら進化しても解くのは難しい。指数的な爆発の難しさと、それをどのように解決するのかを学ぶ。<br> <br> ●人間+コンピュータの限界<br> 人間とコンピュータがいかに協力して挑戦しても、解くことが不可能な問題がある。不可能な問題の性質を学び、コンピュータ科学の底流を知る<br> <br> (C)ソフトバンク クリエイティブ株式会社/SOFTBANK Creative Corp.

いいね!

    「プログラマの数学」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      仕事であるいは趣味でソフトウェアを記述する際に求められる数学はその分野ごとに異なります。例えばフーリエ変換を求められたり、集合論を理解したり、四元数や3Dの幾何数学を求められたり、時に微分積分や統計学その他もろもろありますが、この本で説明している内容はプログラムそのものに必要な数学です。数値という集合、論理とbool代数、組合せ、同値分割、再帰、アルゴリズムの効率、計算可能性。どれもソフトウェアで何かを処理する場合に絶えず頭の片隅に置いておかなければならない概念ばかりです。それを非常に分かり易く説明しているのがこの本です。この本以上に分かり易い本は無いと思いますのでお勧めです(ソフトウェアエンジニア向けというよりはソフトウェアエンジニア以外の人、もしくはたまたまソフトウェア業界に入ったばかりの人にお勧めです)。 >> 続きを読む

      2012/10/30 by

      プログラマの数学」のレビュー

    • こういう本ってお勉強のために(イヤイヤ)読んでいるのでしょうか?

      友人に数学が趣味!!というヤツがいるのですが、もしかしたらShimadaさんもそうなのかなぁって思いました。 >> 続きを読む

      2012/10/31 by makoto

    • 毎日1冊読んでいる訳ではなくて、依然読んだ本or眺めた本を並べているだけなのでそのうちネタ切れを起こしますけれど、この本自体は人に説明するのに良さそうという理由で購入しました。内容のほとんどは学校で習いまして、多分それを覚えたのは先生が美人だったからではないかと思います。日々つまらないミスばかりしていますので実はあまり頭良くないと思いますよ(自転車でコケたり)。
      お勉強で読んでいるの?と言われるとどうなのでしょう。面白そうと思えなければ購入はしませんし、仕事上の課題に繋がらないと数日で書籍タワーに積み上がります(経験上)。読むのが楽しいの?と言われると普通にゲーム行っていた方が楽しいですし、マンガ読んでた方が面白いです。じゃあ我慢して読んでいるの?と言われると、ストレス負荷は多少ありますけれど、必死に我慢してまで読むものでもないのではないかと。呼吸するのは楽しいの?それとも我慢しながら呼吸しているの?と言うのと同じではないかと。単にそれが日常の習慣の一部に刷り込まれているだけかと。一気に読んでいる訳でもないですし、一冊一冊読んでいる訳でもないです。ちょっとづつ、読むという行為を反芻して心の平穏を保とうとしているだけなのかもしれません。
      >> 続きを読む

      2012/10/31 by Shimada


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    プログラマノスウガク
    ぷろぐらまのすうがく

    プログラマの数学 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本