こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

「限界」の正体 自分の見えない檻から脱出する法 (仮)

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 為末 大
定価: 1,512 円
いいね!

    「「限界」の正体 自分の見えない檻から脱出する法 (仮)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      なかなか奥深い1冊。

      ただし、読む側がどう解釈するかによって、かなりの違いがでるとも思った。

      陸上競技という、ある意味、わかりやすい世界だと思われるので、余計にそう思うし、納得性もある。

      違うことをやってみる、目標をどう持つか、自分の箍を外す、寄り道・回り道をする・・・などなど。

      どれか一つでもできると、そのあとが違う。

      そして、いつも思っているのと同じ言葉が出てきた。

      「現状維持は停滞である」と。

      自分は、停滞ではなく後退だと思っている。
      >> 続きを読む

      2016/11/12 by

      「限界」の正体 自分の見えない檻から脱出する法 (仮)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    「限界」の正体 自分の見えない檻から脱出する法 (仮) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本