こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

人は話し方が9割

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 永松 茂久
定価: 1,540 円
いいね!

    「人は話し方が9割」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      ビジネス本で1位の本作品。

      コミュニケーションの3原則
      ①「人は自分への関心が一番強い。」
      ②「人は自分の事をわかって欲しい生き物」
      ③「人は自分のことをわかってくれる人に好意を持つ。」

      拡張話法 感嘆→反復→共感→称賛→質問
      1感嘆
      (相手)「こんなことがあったんだよ」→(自分)「へー🎵」「ほー!」「えー!?」「うわー!!」「わー♡」「そーなんですかー(笑)」 言葉の後に「!」「?」「♡」の絵文字をつける感情を込める。
      「そうなんですか」と「そうなんですかー」の「-」の部分が感情が乗る感覚。
      2反復 相手の話を繰り返す
      3共感 相手の話に感情を込めて理解を示す。
      「わかります」「大変でしたね」「よかったですね」「つらかったね」「よくがんばったねえ」相手の感情に寄り添う表現。
      4称賛 相手を評価する。
      「素敵♡」「すごい!」「さすがだね🎵」マークを10倍のイメージで伝える。
      5質問 相手の話を中心に展開させていくためにその後を追いかけて聞く。
      「それで、それで、」「そこからどうなったの?」「ねえ、もっと聞かせて」
      拡張話法を使う最大の目的は、相手の話を「広げる」ことです。

      ここぞという時に使うと効果的な「やっぱり」

      嫌われる人の話し方
      「4Dワード」を連発する。「でも」「だって」「どうせ」「ダメ」

      以上、ポイントを抽出。2時間ぐらいで読めてしまいます。
      >> 続きを読む

      2020/05/18 by

      人は話し方が9割」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    人は話し方が9割 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本