こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

烈情 皓月の目覚め (ビーボーイノベルズ)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 岩本 薫
いいね!

    「烈情 皓月の目覚め (ビーボーイノベルズ)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      大好きな人狼の"発情"シリーズ。双子の兄・希月編

      賀門士朗と迅人(人狼)の息子で双子の片割れ高校二年生の希月が主人公。 
      上下巻。
      小さい頃からいつでもどこでも一緒の双子の弟の峻仁が
      遠くの地で番(つがい)と出会い【イブ】となり
      三つ子を授かって出産、只今育児真っ最中。
      希月は頭では番と出会ったから仕方ない…と思いつつも
      家族一族の絆もすべて捨てて番を選んだ峻仁に複雑な思い…
      自分はまだ発情期も来ないし…
      それに魂の片割れと思ってた峻仁との喪失感で
      精神的に落ち着かはない状態
      気持ちが荒んでいく
      そんな希月を密かに心配している幼馴染のみちる

      いつも峻仁、希月、みちるの3人でいたのに
      峻仁がいなくなった事によりなんとなくギクシャクするが…!!

      希月、みちる視線で交互に話が進むので2人の感情の揺れや
      勘違いからくるすれ違いがよく分かる
      ましてや希月は考えるより先に感情が先走った行動に
      で、みちるは気が付いたら流されてる状態
      なんとなく自分の気持ちを自覚した時に
      みちるにピンチが訪れる!!
      駆け付けた希月が見たモノは!!


      前作で峻仁がみちるの事心配してて希月に頼むって言ってたけど
      やっぱお約束の展開
      でもこのラストはまさかの展開、ご都合主義( ̄▽ ̄;)
      一族滅亡の危機だよな~と密かに思ってたので
      このご都合主義が下巻でどうなるか?

      好きなシリーズなのでいつもなら、
      ご都合主義にふざけるな(#`Д´)ノノ┻┻ってなるところだけど
      今回ちょっとだけ目をつぶる私(笑)



      *アーサーとタカが幸せそうなので良かった
       個人的にはこのカップルが一番好き(〃艸〃)ムフッ
      >> 続きを読む

      2018/03/20 by

      烈情 皓月の目覚め (ビーボーイノベルズ)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    烈情 皓月の目覚め (ビーボーイノベルズ) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    僕の行く道