こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集<Garmillas>

5.0 5.0 (レビュー1件)
定価: 3,780 円
いいね!

    「宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集<Garmillas>」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      まだまだ興奮の余韻が冷めやらぬ「宇宙戦艦ヤマト2199」。

      その公式設定資料 GARMILLAS(2冊目)です。

      発売直後は入手困難となったEARTH(1冊目)の反省を踏まえて、今回は発売日に入手できるように予約しました。

      ヤマトを中心とする地球(国連宇宙軍)側のメカ・キャラクターの膨大な設定資料とそして出渕監督、玉盛氏(メカデザイン)、結城氏(キャラクターデザイン)の3人の中心人物のインタビューが収録されたEARTH編に劣るかと思いましたが、GARMILLAS編はそれを凌駕する重厚な内容。

      特に開発陣のインタビューはつくづく凄いアニメだったなぁと再認識させてくれます。

      この作品、メカニック、背景画の殆どが3D CGで描かれています。たとえ数カットしか登場しない戦闘機もディテールまで緻密に描かれたモデリングが行われている。

      ガミラス側の戦艦、戦闘機もきちんとカタパルトやコクピットも描かれて、触覚などがあったオリジナルと違い地球側とは一線を画しつつもきちんと合理的なデザインになっています。インタビューで明らかにされていますが、モチーフとなったのが「僕の中のジオン軍」というのは面白い。そういえばどことなくムサイに似てますね。

      通常のアニメの枠を超越した緻密なメカの数々を凄腕のアニメーター達が時間・コスト度外視でしっかりと再現。制作陣に「寿命が縮んだ」と言わしめさせるが、誰一人妥協しようとしない。
      その理由が制作陣の一人一人の思い入れが強いヤマトだから。オリジナルを台無しにしたくないという姿勢が製作開始時には誰も予見しなかったクオリティの高さを生み出したんですね。

      もちろん来春の新作映画も見に行きますとも!Ghale Garmillon!
      >> 続きを読む

      2013/11/06 by

      宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集<Garmillas>」のレビュー

    • こういった設定を見ながらプラモデルを組み立てていくと本当に楽しいです。
      >たとえ数カットしか登場しない戦闘機もディテールまで緻密に描かれたモデリングが行われている。
      すばらしいです!
      >> 続きを読む

      2013/11/17 by 借りてくる

    • > 借りてくるさん

      プラモ作りも良いですね~。息子がまだ保育園児なので小学生ぐらいになったら一緒に作ろうかな。 >> 続きを読む

      2013/11/17 by ybook


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    宇宙戦艦ヤマト2199 公式設定資料集&lt;Garmillas&gt; | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚