こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

珈琲いかがでしょう 1 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)

4.5 4.5 (レビュー2件)
著者: コナリミサト
定価: 617 円
いいね!

    「珈琲いかがでしょう 1 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      全3巻一気読み。久しぶりにゾクゾクする漫画に出会いました。最初はよくあるロキノンサブカル風味のふわふわ系かと思ってたら、とんでもない恐ろしい作品でした。心をグイグイ抉ってくるところと幸せ感とのバランスが絶妙。コナリミサト、すごい作家だ。

      2019/03/07 by

      珈琲いかがでしょう 1 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      人生に疲れ,心が荒んだ人たちを,移動珈琲店の青年店主が一杯の珈琲で癒していく物語.

      絵は昭和の少女マンガチックな感じでしょうか.店主は優男系の青年で,癒やされる側のキャラクターは大半が女性なので,基本的には女性向けの作品なのかもしれません.ときおり,客からみた店主が「王子様」的に描かれている場面もありますし.

      コーヒー好きの人間にとってはコーヒーの描写が気になります.第1話での,「たとえ時間がかかっても誠実丁寧に」をモットーとしつつも,世の,会社のニーズがそこにはないことを突き付けられて落ち込むOLに,店主が手間と時間をかけて一杯を丁寧に,手挽きミルで豆を挽きハンドドリップでコーヒーを淹れてみせる描写は,心に染みました.

      また,それぞれのグループで仲間はずれにされている人のことを気にかけつつも素直に迎え入れてやれない自分にいらだちを覚える老人と少年に,単品ストレートで飲むと苦くて美味しくないジャバロブスタ豆が,他の豆に少しブレンドすると良い引き立て役になることを味あわせてみせて,彼らの背中を押してやる,というエピソードも,良いものでした.

      この店主,どうやら「裏の顔」あるいは「裏の過去」があるような感じで,本巻(第1巻)ではその辺りは少し触れられているだけで,続刊に期待をもたせるような終わり方になっています.コーヒー好きにとっては,あんまりその辺りに凝らずに,「人生の機微を知る珈琲店主」という描き方のほうが良いのですが….
      >> 続きを読む

      2014/12/29 by

      珈琲いかがでしょう 1 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ)」のレビュー

    • コーヒー、いつからか飲めるようになって最近よく飲むのですが、豆はまだまだ詳しくないです。そういう知識も入りそうでいいですね♪ >> 続きを読む

      2014/12/29 by coji

    • 空腹が最高の調味料と言う言葉が有りますが、霙が舞う中、バイクで走って来て、もう限界...と言うタイミングで飲んだ自販機のBlendyは本気で泣けるくらい美味しかったのを覚えています(笑) >> 続きを読む

      2014/12/30 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    珈琲いかがでしょう 1 (マッグガーデンコミックス EDENシリーズ) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ぞうのボタン-字のない絵本-