こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

そして父になる

4.1 4.1 (レビュー5件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 690 円
いいね!

    「そして父になる」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      読み易くて面白かった。福山さんが父親役で注目された映画だったよね。私は映画は見てないけどこの本を読んでけっこう難しい役どころだったと思った。何でも自分の力で勝ち取ってきた主人公の良多。弱虫で不器用な息子は6年前病院で取り違われた他人の子だった。「やっぱりそうか」そう思った良多。でもその後勝ち組だった良多にいろんな問題が襲ってきて最後に自分を振り返り大切なことが見えなかったことに気づく。父親と息子の関係。二つの家族が対称的で面白い。

      2018/05/30 by

      そして父になる」のレビュー

    • 評価: 4.0

      子どものために自分の時間を尽くすのではく、自分が稼いだお金を尽くすことが愛情表現というか父親のつとめだと、良太は思っていたのだと感じた。そして、それは自分が父親からしてもえなかったことだからと気づいたとき、父親を反面教師にしているようで同じことをしてしまっている良太になんとも言えない悲しさを覚えた。
      慶太といても琉晴といても父になりきれていない良太が、父親としてのを覚悟をしっかりと持ち、本当の意味で父になった最後の場面はよかった。
      そして、どんな場所でもどんな状況でも、変わらず子ども達と寄り添い、理解しようとする雄大がとても印象的だった。 >> 続きを読む

      2018/03/15 by

      そして父になる」のレビュー

    • 出産前に普通に映画を観ましたが、小さな娘を育てている今はもうこの設定が苦しくて苦しくて見てられない気がします。。それに、自分自身も出産した日から母にいきなりなったというよりも、娘と向かい合いながら母としてすこーしずつ成長できているかな?という今日この頃です。育児って奥が深い。。 >> 続きを読む

      2018/03/16 by chao

    • 評価: 3.0

      時の流れは血よりも濃いものを作ることがあるとB'zの歌を思い出した。最後に幸せの微かな兆しが見えたのは良かった。参考文献「ねじれた絆」にも興味が沸いてきました。

      2017/09/19 by

      そして父になる」のレビュー

    • 評価: 4.0

      実際自分が同じ立場になったらどうするだろうか。
      でも最後には
      これでよかったんだなと思わせられた。

      登場人物の中で一番、
      私は良太に性格や考え方が似てるかもしれない。
      色んな事を、色んな人の感情を、
      見落としてきてしまっていたのかもしれないなと思いました。
      >> 続きを読む

      2014/01/15 by

      そして父になる」のレビュー

    • 私はどうしても母親目線でみてしまうので
      良太の考えが受け入れられませんでした。
      読む時期によっても、捉え方が変わりそうですよね! >> 続きを読む

      2014/01/17 by アスラン

    • Rieさん>
      オスが2匹ほどおります...

      2014/01/17 by ice

    • 評価: 5.0

      現在、大ヒット上映中の映画「そして父になる」のノベライズ。

      涙なしには読めない、とても切なく、苦しく、
      家族とはなんなんだろうか、を考えされられる、素晴らしい作品でした。

      大手建設会社で働く高給取りのエリート社員である良太、
      そして自分は夫とつりあいがとれていないと感じている妻、
      きっちりとしつけされた6歳の慶太。
      かろうじて均衡のとれた家族として成り立っていたはずが、
      実は出生後まもなく、別の赤ちゃんと取り換えられた他人の子だった事が分かり・・・

      家族とは「血」か「ともに過ごした時間」か?
      理想の父親とは?
      正しい決断とは?

      私なら絶対に今育てている息子を手放す気にはならない!と強く思いました。
      つまり「血」ではなく「ともに過ごした時間」だ、と。
      だって夫婦なんてまさに「他人だけど家族」ですしね。
      >> 続きを読む

      2013/10/08 by

      そして父になる」のレビュー

    • マイケル・サンデル氏の白熱授業で似た設問がありました。
      代理母出産で、代理を請け負った女性が子供に愛着を持ってしまったケースです。法的には代理を請け負った女性がその子を育てることが認められたそうですが、難しい問題ですよね。双方心中複雑でしょうし。当人の意志がどこまで測れるものなのか、一時的な判断ではないのかとか・・・。 >> 続きを読む

      2013/10/08 by Shimada

    • >みなさま

      赤ちゃんを取り違えるという単純ミスをした病院に
      怒りを感じていらっしゃるようですが、
      実は違うんです。
      ネタバレになってしまうのでここには書きませんが(笑)

      >Shimadaさん

      代理母出産ですか。
      それもまた難しい問題ですね・・・
      >> 続きを読む

      2013/10/09 by アスラン


    最近この本を本棚に追加した会員

    10人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ソシテチチニナル
    そしてちちになる

    そして父になる | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本