こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

4.3 4.3 (レビュー4件)
著者: 友井 羊
定価: 702 円
いいね!

    「スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 匿名
      評価: 3.0

      温かいスープが人の心を解きほぐす。そんな言葉がぴったりの本だ。優しい気持ちになれる店内での食事は、来店した人たちの気持ちまで癒してくれる。ほっとする本だ。

      2018/04/20 by

      スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」のレビュー

    • 評価: 5.0

      スープ屋しずくのシェフ麻野さんは、礼儀正しく節度をわきまえ、且つミステリアス。
      しずくでの朝食タイムに来るお客さんの周りで起きたちょっとした事件をスープになぞらえて謎解き。

      最終話、ステキすぎる!絶対ここまでは頑張って読んでほしい!
      最後はお客さんではなく、シェフ麻野さんにまつわる事件で一気読みしちゃいます。
      どの話も、シェフ麻野さんの優しさがスープににじみ出ています。
      >> 続きを読む

      2018/01/27 by

      スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」のレビュー

    • 評価: 5.0

      面白かったーーーー!!!!
      正直後半までは惰性で読んでた。こういう日常系ミステリ(人が死なないミステリ)は何冊も読んできていてこの作品にも当然期待したのだが後半まで面白味が感じられず、でもここまで読んだのだから読むか…と本当に何も期待せずに読み進めていったのだが4話めから「おっ?」と思う展開になってその後はジェットコースターの様な怒涛の展開で勢いそのままに読了に至った。

      いやぁ、やはりこういう作品は中盤、いや後半まで読まないと良さがわからないですね~。中盤辺りからグッと面白くなるのも日常系ミステリの真髄だったりしますからね。

      ラストに向けてのお話二つは正直重い内容でした。(掻い摘んで言うと虐待、一種のネグレクトが引き金になったお話ですね)読んでいて切なくなりましたし実際こういう事が現実の世界でも起きていますしニュースなどでもよく目にするのでなんとも言えないなぁと思いました。

      ただ、ラストでヒロインが主人公(なのかな?明確な表現は無いけどこの二人がメインだしなあ)と同じ家族になれれば…と思った事が読んでいて最後に暖かな風を送ってくれたなと。この作品続編も出てるみたいなのでこのふたりの行く末も気になるなあとキュン死にまではいかないですがほっこりしましたし、続編も読んでみたいなと思わせてくれました!

      あと、すごくスープが飲みたくなりました!
      なので先程スープ作っちゃいました(笑)
      作中に出てくるような大層なものではないですが(^^;


      今回も良い読書が出来ました!

      因みに自分のレビューも唐突な咆哮から突然終わる(締める)からジェットコースターみたいだなぁと思ってしまった今日この頃(笑)
      >> 続きを読む

      2017/03/06 by

      スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」のレビュー

    • ミステリとかどんでん返し系のお話だと、前半は伏線ばかりで盛り上がりに欠けることありますよね。
      でも後半で化けて星5とはすごい。

      本の描写につられて何か食べたくなることありますよね!
      僕もさっき読んだ本の鶏肉がおいしそうで、ご飯作ることにしました。
      でも鶏がなくて、しかたなく豚に(笑)。
      >> 続きを読む

      2017/03/07 by ともひろ

    • ともひろさん

      そうですね~。
      冗長と言ってしまうと大袈裟かもですがこういう作品には仰る通りありがちですよね。毎回思いますが後半まで我慢して読んで良かった!と思います。

      そうですね~。
      ほんと化けてくれて良かったです(^_^;))
      化けてくれなかったら・・・(徒労感。。。)

      おおー!
      ありますかー!!共感して頂けて嬉しいです!!
      お!?良いですね~(^^♪
      鶏肉料理ですか~!って、無くて豚肉(笑)まあ、アレンジ次第で美味しくなりますよね!!料理されるんですね♪自分も男ですが(今更というかわかっているとは思いますが)料理好きなのでコメント拝見させて頂いて勝手に親近感を覚えました(^^♪

      今頃は美味しく頂いている頃ですかね?
      (もう、遅いかな??)
      >> 続きを読む

      2017/03/07 by 澄美空

    • 評価: 4.0

      平日の朝、ひっそりと営業をしているスープ屋「しずく」で謎は解き明かされる。5篇収録の連作短篇集。

      ふとしたきっかけで店を訪れたOL理恵や、彼女の同僚、同僚の知り合い。早朝に「しずく」を訪れるお客が少しずつ増えていく。店主の麻野は穏やかに控えめに彼らにまつわる謎を解きほぐしていき、そばにはいつも温かいスープがある。お腹がすいてくる。

      この小説そのものが、スープのようだと思った。ミステリー、グルメ、仕事、家族、恋愛、友情。さまざまな要素が溶け合って、温かく優しい雰囲気に仕上がっている。続編もありそうな終わり方なので楽しみだ。 >> 続きを読む

      2015/01/18 by

      スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)」のレビュー

    • スープのいろいろおいしそうですね。
      スープ好きなのでお腹が空いてきました。

      2015/01/18 by 空耳よ


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    スープ屋しずくの謎解き朝ごはん (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本