こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 江本 マシメサ
いいね!

    「長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      積読本を消化しようキャンペーン!!

      chaoさんとやり取りさせて頂いて自分も結構積読本があるなぁと思いやってみようと!思い先ずは軽い感じの作品から!!と思いチョイスしたのがこの作品。

      最初は長崎やオランダの文化、風習、長崎のお菓子や銘菓の薀蓄もとい情報が多くてちょっと戸惑いながら読んだ。(耳慣れない言葉やなんて読むのだろうという漢字や名前が出てきて読むのに四苦八苦、読めたら今度は意味を理解するのに四苦八苦でした)

      この表紙絵の猫を抱いている女の子が主人公。女子大生です。傘を差して横を向いているのが女の子が働くことになるカフェの店主。ぶっきらぼうで無愛想且つクール。こういう男性を若い女の子たちは好きになるのでしょうか?イケメンは得をしますね。

      物語の中盤いや、後半くらいからは徐々に薀蓄じゃなかった、色々な情報が良い意味で削ぎ落とされていってこのふたりの恋愛模様に変わったので読んでいて続きが気になる!ふたりの恋路はどうなる!?とハラハラドキドキしながら読めた。

      店主の色々な謎も次第に明かされていって最後はキュン!とする終わり方だったのでとても満足!


      某通販サイトでの評価も高いことにも読み終わったいま頷けます。

      キャラクターも良い感じでしたし話自体も終始ほんわかほっこりしていて読んでるこちらまでゆっくりとゆったりとしたカフェに居るような気分に浸れてそれも良かったです。


      これからもどんどん積読本を消化していきます!!


      きっかけを作って下さったchaoさんありがとうございます!


      今回も良い読書が出来ました!
      >> 続きを読む

      2017/07/21 by

      長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    長崎・オランダ坂の洋館カフェ シュガーロードと秘密の本 (宝島社文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    墓標なき街