こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

犬と狼

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 平岩 米吉
定価: 2,700 円
いいね!

    「犬と狼」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

       タイトルからしてとても興味深い本である。

       筆者も犬好きなので、期待して頁をめくってみると、なぜかいきなりシマハイエナの記事が出てきたのは驚いた。あれ? 犬はどこ行った? オオカミは? と思いながら更に頁をめくると今度はジャコウネコにツキノワグマ。

       本書は書きおろされたものではなく、昭和十年代の雑誌記事や新聞記事などをまとめたものを単行本にしているものだから、仕方がないのかもしれない。

       それはともかく犬と狼である。

       戦前は、生き物地球紀行とかBBCの動物ドキュメンタリー番組とかが無かったので、こういった動物の記事は興味深く読まれていたのではないかと推測される。

       今読んでも新鮮なので、当時の人はどんな風に感じたのだろうか。

       特に新鮮だったのはもちろん狼の記事である。狼は人に慣れる。つまり、犬と同じように飼うことができる、と書かれてあることには驚いた。犬と狼は見た目も似ているだけでなく、その違いを見つけることのほうが難しいほどそっくりなのだ。

       もちろん、野生の狼を連れてきて犬のように飼育することは不可能であろう。ただ、小さい頃から犬と同じように飼育すれば、狼も人に危害を加えることのない動物として飼育することができるようである。

       ただ、噛み癖が酷かったり、食べ物が犬と違ったりと違いはある。特に食べ物は、狼だけに肉食である。ただし、新鮮な野菜や果物も食べる。草も食べるようだ。筆者の飼っていた犬も、散歩中によく草を食べていた。これは狼も同じらしい。肉食獣だからといって、肉だけを食べているわけでもないようである。ただ、米や麦は食べない。つまり、炭水化物はあまり食べないようで、食べると体調が悪くなるようだ(頁64)。

       そういえば、ウチの犬は毎日ご飯に水を混ぜて似た、お粥のようなものを食べていた。

       糖質制限ダイエットというのが、一時期話題になったけれど、これは糖質の元となる炭水化物の摂取を制限するダイエット方法だ。

       狼は自分と同じくらいのサイズの犬よりも幾分軽いと言われているので、素早い動きを維持するため、太り易い炭水化物の摂取を体質的に制限しているのかもしれない。

       食べ物といえば、食事中はかなり狂暴になるらしく、慣れた人でも近づかないほうがいいようだ。そういえば、ウチの犬も普段どんなことをされても大人しかったけれど、食事中だけは触ると怒っていたことを思い出す。

       狼は集団で狩りをする生き物であり、一度リーダーを決めたら、その個体に絶対服従する習性がある(これは犬も同じ)。ゆえに、人間をリーダーを認識したら、人に危害を加える危険性は少なくなる要因の一つと推察される。

       例えばアライグマなどは、大人になると狂暴化し、飼い主にも襲い掛かるということは、ウィキペディアにも書かれているので有名かもしれない。一時期、アライグマをペットとして大量に輸入したけれど、その凶暴さに恐れをなした飼い主が、山に捨てて野生化し、農作物に被害をもたらした、という事件が問題になっている。

       その点、狼にはそんな心配はない。餌の時間さえ気を付ければ、基本的には無害である。こう考えると、狼と犬はとても近い生き物であることがわかる。本書の著者は実際に狼を飼って、比較的自然に近い形で狼を観察している。

       そして狼だけでなく、先述したジャコウネコやクマも飼っていた。まるでムツゴロウ王国である。

       最後に、ワンワンという鳴き方は、飼い犬独特のものだということを紹介しておこう。実は狼も、ずっと飼っていると犬のようにワンワンと鳴きだすという。ただ、同じイヌ科イヌ属のジャッカルは、ワンワンと鳴かないようなので、これだけでも犬と狼は近いことがわかる。

       筆者は、本書を読んで狼のことが好きになった。ただ、世間では、狼は家畜を襲うので嫌われている。このため日本国内では狼は駆除の対象となり、残念ながら絶滅してしまった。

       とはいえ、生態系の中でも肉食獣は必要である。例えば狼がいなくなったことで、草食動物の鹿が増えすぎて森や農産物に被害が出ているという報告もある。人が生態系をいじるとロクなことにならない。自然とはかくも複雑で難しい。
       
      >> 続きを読む

      2014/09/18 by

      犬と狼」のレビュー

    • 狼を飼うだなんて考えただけでゾッとしますね(*_*)
      大きい犬もちょっと苦手です(笑) >> 続きを読む

      2014/09/18 by マカロニ

    • オオカミの話というと手塚治虫さんが描かれていた漫画を思い出します。
      日本犬は洋犬のように改造されていないので、
      狼に特に近いような気がしますよね。
      よく遠吠えもするし。
      >> 続きを読む

      2014/09/18 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    犬と狼 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本