こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

もっと知りたいゴッホ

生涯と作品
4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 洋画
定価: 1,680 円
いいね!

    「もっと知りたいゴッホ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      とてもわかりやすくゴッホの生涯やさまざまなエピソードや、絵の象徴としての意味を読み解いてあり、本当に面白かった。
      おそらく、最良のゴッホ入門書の一つではないかと思う。

      ドミノクラシーという十九世紀オランダの牧師文化がゴッホの出発点として非常に重要なものだったこと。

      ゾラの「ムーレ神父の罪」等の小説のゴッホへの大きな影響。

      ゴッホが日本にユートピアを投影し、「真の宗教を持つ自然人」の兄弟愛に満ちた社会と思っていたこと。

      などなど、とても面白かった。

      土を掘る人は失楽園の、ひまわりは信仰の、それぞれ象徴としての意味がもともとあったというのも、なるほど~っと思った。

      糸杉の絵などには、「宗教」と「自然」の葛藤、宗教と生命の樹の葛藤が描かれているという読みも、なるほどーっと思った。

      思えば、ちょうど今の私ぐらいの年齢の時に、ゴッホはアルルで妄想としか人々からは受け取られなかった芸術家の共同体を夢見て、生命を燃やして傑作を描き続けた。
      人からは妄想と言われようがなんと言われようが、自分が信じて夢見たことに、生命をかけて完全燃焼するところに、人の本当の輝きはあるのかもしれない。

      あらためて、ゴッホの魅力に気付き、さらに知りたくなる、一冊だった。
      >> 続きを読む

      2012/12/30 by

      もっと知りたいゴッホ」のレビュー

    • 何にも知らない高校生の時にオランダのゴッホ美術館へ行きました。良く分からないので、家族にひまわりの絵葉書を買いました。これを読んでから行きたかった。。。オランダまた行きたいな・・・ >> 続きを読む

      2014/07/03 by fraiseyui

      • 匿名

      <fraiseyuiさん

      オランダのゴッホ美術館に行ったことがあるんですね!
      すばらしい経験ですね^^
      本などをたくさん読んでから、また行けるといいですね^^
      >> 続きを読む

      2014/07/03 by 匿名


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    モットシリタイゴッホ ショウガイトサクヒン
    もっとしりたいごっほ しょうがいとさくひん

    もっと知りたいゴッホ - 生涯と作品 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本