こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

もっと知りたいミュシャ

生涯と作品
3.5 3.5 (レビュー1件)
カテゴリー: 洋画
定価: 1,680 円
いいね!

    「もっと知りたいミュシャ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      堺市立文化館 堺 アルフォンス・ミュシャ館からのメッセージ
      アルフォンス・ミュシャは、 現チェコ共和国の南モラヴィア地方に生まれ、19世紀末のヨーロッパで興った装飾様式アール・ヌーヴォーの旗手として不動の人気を得た画家です。
      アルフォンス・ミュシャ館では毎回、ミュシャの色々な一面を取り上げたテーマで作品を展示しています。


      <ミュシャと世紀末の幻想2015年7月11日~2015年11月8日>

      シルバーウィークの混雑を避けて堺まで行ってきた。お目当てのミュシャ館までおよそ40分。高速で繋がる地域は速い。

      個人所蔵のものを寄贈したそうだが、点数は多く代表作やポスターまで、当時アールヌーボーと呼ばれた時代を偲ばせるに十分だった。精緻を極めた中にも、次第に郷土愛・祖国への回帰はミュシャの生涯にとって大きな課題であったのが感じ取られた。パリでの華麗な美しい絵は装飾的な精緻な画風で目を引き成功の証が感じられた。キリスト教を題材にした作品も見るべきところが多かった。

      初心者のためのこの本は、ただアウトラインを述べるだけでなく、筆者の深い知識に裏打ちされたミュシャ入門書としてもふさわしいと思った。


      サラ・ベルナールを描いて世に出たポスターを、一枚買ってきた。彼が認められたという「オリーブ」を持った絵だが、少し黄変したあたり時代を偲ばせる、ポスターより変形の額が高価だった(笑)
      >> 続きを読む

      2015/10/14 by

      もっと知りたいミュシャ」のレビュー

    • ><ミュシャと世紀末の幻想2015年7月11日~2015年11月8日>
      近いので行きます!笑
      京都のマグリット展も行きたかったのですが、京都は微妙に遠く感じてしまい、なんだかんだと言っているうちに終わってしまいました。
      本当に行きたければ行くのでしょうが、こういうイベントはいつも逃している気がします。
      >> 続きを読む

      2015/10/14 by あさ・くら

    • あさ・くらさん

      私、大阪人なので、京都は少し馴染みがなかったのですが、京阪沿線に来てもう長いので、京都方面も近くなりました。
      堺のミュシャ館は近くに利休と与謝野晶子の記念館(?)もあったのですが、時間がなくていけませんでした。
      おついでの時一緒にいかがでしょうか(回し者^^;)
      なかなか切っ掛けがないといけませんね。
      まだ阿倍野ハルカスにも行ってなくて。浮世絵が見えるそうですね。

      ホント、あっという間に終わってますね(^^)
      >> 続きを読む

      2015/10/14 by 空耳よ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    モットシリタイミュシャ ショウガイトサクヒン
    もっとしりたいみゅしゃ しょうがいとさくひん

    もっと知りたいミュシャ - 生涯と作品 | 読書ログ