こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ナダル・ノート すべては訓練次第

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: トニ・ナダル
いいね!

    「ナダル・ノート すべては訓練次第」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      ラファエル・ナダル。テニス・プレイヤーの頂点に立つ彼は今年10度目の全仏オープンの王者になりました。
      生涯にたった1度手にするのも困難なグランドスラムのタイトルを10年以上にわたって勝ち切るには、尋常ではない努力と情熱が必要です。
      今、ランキング1位に返り咲き、今日は全米でベスト4に勝ち残り、優勝まであと2試合です。
      頑張ってほしい!!!(私、大ファンなんです)
      強いだけでなく、彼を直接知る人が必ず強調するのはラファの人格のすばらしさ。
      驕らず、誠実で率直で人懐こくて紳士なトップアスリート。
      テレビの実況アナウンサーの鍋島さんの口から何度となく聞かされていたのは、幼少期からのコーチであり叔父であるトニー・ナダル氏の徹底した人格指導の賜物であるということでした。

      この本はトニーコーチがどのような信念と姿勢でラファや若い選手たちを育ててきたか、教育とはどのようなものであるべきか、人格の重要性とその実行力の検証、ラファとの二人三脚ですごしてきたテニス人生の総括。
      哲学や文学の名言を織り交ぜつつ、熱く語った1冊です。
      帯に書かれているような、LESSON公開なんて期待しないように!

      私はラファエル・ナダルの大ファンです。
      テニスをずっと見てきた人には、何も語る必要はないでしょう。
      あまりにドラマティックであまりに情熱的で魔法のような試合の数々を、彼以外の誰も見せてくれることは不可能です。
      彼はテニス界の至宝といわれています。
      (ロジャー・フェデラーも別次元で伝説の男ですが)

      トニーさんの口からラファを知るためにこの本を読んだわけですが、まあ、トニーさんの個性の強さったらありませんでした。
      あの叔父貴あってラファありき、であることは間違いないでしょう。
      けれど、トニーさんはラファの気質にもともとすぐれた美点があったといいます。

      純粋で従順で目標と熱意を持ち、努力することを習慣として身に着けた子どもの成長を彼は助けただけだという訳です。

      スポーツにおいてだけではなく実業界においても人格の形成なければ特別な人物にはなりえないとバッサリ。

      「何かをうまくできる、あるいは極度な達人の域に達しているから自分を特別だと思う輩は、間違いなく、単に変人なだけである」

      そしてラファは特別な人でありながらも自分自身を特別な存在だとみなさないという特質を備えた人物だということです。
      「いざテニスコートを離れると、単なる一友人である」

      言葉の力を信じるトニーさんはさまざまな言葉をラファにかけてきました。

      その多くはテニスのことよりも人間としてのものの考え方、問題への対処の仕方の基本を叩き込むものです。

      「成功している奴に対して礼儀正しく親しげにするのは簡単なんだ。お前にどう接するかで、人を判断してはならん。ほかの人にどう接するかでそれぞれの人を判断しろ」
      絶対的信頼関係のある人にしか発することができない忠告ですよね。

      「教師の、ひいては親の務めとは、子供たちに努力を好きにさせることだ」
      「今日、我々は快楽と、甘さと、そして何より即効性のカルトにはまっているのではないか」
      「大原則とは努力、一貫性、克服、責任感、そして何より、人間としての正しい道である」

      さまざまな厳しい言葉を聞いていると、勇気が出てくるかもしれませんし、その前にくじける人もいるかもしれません。

      身が引き締まるストイックな姿勢と、さまざまなよい言葉に感銘を覚えますが、
      抽象的な考察が多く、少々難解な部分もあるため、ラファ・ナダルを知らない人には、この本全部に興味をもって読める方がそう多くはないのではないかという気がしてちょっと評価を辛くしてあります。
      (あと表紙のナダルの顔がちっともいい顔じゃない。
      なんでこの写真かなあ。ぶつぶつ)

      松岡修造さんにはぜひぜひ日本においてテニスの人材発掘と育成をしてもらいたいものです。
      あちこちのスポーツキャスターもいいでしょうが、それ以上に、彼はトニーさんのいう指導者にぴったりの人だと思うので。

      「強い思いなくして指導者を務めるなど、そんな愚かな話があるものか!」
      「もしあなたが教師なり、上司なりで、周囲を育てるのが仕事であれば、愛されることだ」

      トニーさんのこのことばに間違いはないです。
      >> 続きを読む

      2017/09/07 by

      ナダル・ノート すべては訓練次第」のレビュー

    • chaoさん
      ナダルの渾身の試合は本当に面白いんですよ。
      全米の決勝が放映されたら見てみてください。(ってまだ準決勝が先だけど)
      2009年の全豪オープン決勝戦(Federer Vs Nadal)は名勝負中の名勝負でイチオシです。

      今回の全米オープンでけがのため欠場している錦織ら選手にナダルが送った言葉は、けがの多いナダル自身の心からのエールです。
      「こういったことが起きたときにできるのは、たった一つ。受け入れ、前に進み続けるということだ」
      >> 続きを読む

      2017/09/07 by 月うさぎ

    • ラファ・ナダル。2017年の全米オープン優勝🏆おめでとう!!
      この場を借りてお祝いしちゃいます。
      怪我と不調からの完全復活のみならず進化したナダルが見られるとは予想以上の喜びです。
      しかしこの本がスペイン語で出版されたのは2015年。ナダルの絶不調の年ですよ。
      ナダル本人もですが、トニーさんもチームの方々もラファを信じているんですね。
      翻訳者のタカ大丸さんも。
      ラファの復活を信じたから、今年このタイミングで本が出せたんです。拍手です。
      >> 続きを読む

      2017/09/12 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ナダル・ノート すべては訓練次第 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本