こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

シリーズ憲法9条

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 外交、国際問題
定価: 2,100 円
いいね!

    「シリーズ憲法9条」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      二十世紀の平和主義についてのいろんな事例がわかりやすく子供向けに書かれていて、面白かった。

      恥ずかしながら、知らないこともいくつかあって、そんなことがあったんだととても感動させられた。

      ひとつは、そういえば小耳に挟んだことはあった気がするが、ほとんどよく知らなかった「青い目の人形」(友情人形)の話。

      二十世紀初頭、アメリカで排日移民法が成立し、日米間のお互いの感情が悪化しつつあった時に、ギューリックさんという長年日本に住んだことがあったアメリカ人の人が、日米の友好を願って、多くの人に呼びかけ、西洋人形をたくさん日本の子どもたちに送ったそうである。
      その数は、なんと一万二千体以上にものぼったらしい。

      日本の側でも感謝し、渋沢栄一らが中心になって、御礼に「答礼人形」という日本人形が五十八体、アメリカに送られ、各地で喜ばれたそうだ。

      しかし、やがて日米の関係は悪化し、ついに戦争となった。
      戦時中はとかくそういうことがあったようだが、この人形についても、焼却や破棄という方針が出されて、ほとんど燃やされてしまったそうである。

      しかし、中には大切に隠して守る人々もいたそうで、三百二十体の友情人形が、今でも日本で確認され大事に保存されているそうだ。

      アメリカでも、四十三体は無事に大事に受け継がれ、一時的に戦後になって日本に修理に出されたりしたそうである。

      ギューリックらの思いが、無にならないような世にしていかんとなぁと思う。

      また、この本に載ってて興味深かったのは、パリをナチスが占領した頃、ピカソはパリに住んでいたそうである。
      ナチスから食料と灯油を提供しようと言われたそうだが、ピカソは断ったそうだ。
      偉いもんだとあらためて思った。

      いろんな、感心する話がまだまだあるものだと思う、良い一冊だった。


      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E3%81%84%E7%9B%AE%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%BD%A2
      >> 続きを読む

      2013/05/13 by

      シリーズ憲法9条」のレビュー

    • この「人形」のエピソードが書かれている小説があります。
      梨木香歩さんの「りかさん」です。
      読んでいて涙が出ました。
      もし機会があったら読んでみてくださいね。
      >> 続きを読む

      2013/05/13 by 月うさぎ

    • <makotoさん

      本当にそうですよね。
      ただ、しばしば庶民も、マスコミの誘導なので感情的になってしまい、熱に浮かされてしまうことはあると思います。
      気を付けなければなりませんよね。


      <iceさん

      元の数はずっと少ないのですが、たしかに割合的にはアメリカの方がずっと残っている割合が高いのは興味深いですよね^^


      <月うさぎさん

      ありがとうございます!
      ぜひ読んでみたいです!
      >> 続きを読む

      2013/05/13 by atsushi


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シリ−ズ ケンポウ キュウジョウ
    しり−ず けんぽう きゅうじょう

    シリーズ憲法9条 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ニーチェ 勇気の言葉

    最近チェックした本