こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

中東石油利権と政治リスク

イラン石油産業国有化紛争史研究
カテゴリー: 石油
定価: 4,935 円

本書は、1951年イランで起きたアングロ・イラニアン石油会社(現在のBP)の国有化紛争を、国境を超えて事業活動を行う企業にとっての政治リスク問題として捉え、これを国際経営問題の視点から史的分析を試みたものである。

いいね!

    「中東石油利権と政治リスク」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    チュウトウセキユリケントセイジリスク イランセキユサンギョウコクユウカフンソウシケンキュウ
    ちゅうとうせきゆりけんとせいじりすく いらんせきゆさんぎょうこくゆうかふんそうしけんきゅう

    中東石油利権と政治リスク - イラン石油産業国有化紛争史研究 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    ゼラルダと人喰い鬼

    最近チェックした本