こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

24(TWENTY FOUR) 8

カテゴリー: 小説、物語
定価: 700 円

午後4時、ニューヨーク―中東全域にとって新時代の幕開けとなる歴史的な瞬間を目前に控え、その舞台となる国連本部は厳戒態勢が敷かれていた。米国のテイラー大統領との度重なる交渉の末、カミスタンのハッサン大統領が核兵器開発の中止を含む平和協定に調印する事となっていたのだ。そんなニュースを横目に孫との平穏な時間を楽しむジャックは、娘キム夫婦の誘いを受け、L.A.に一緒に引越す事を決断する。だが、突如現れた情報屋ビクターからハッサン大統領の暗殺計画がある事を開き、ビクターを証人としてCTUへ引き渡す役を買う事となる。引き渡し場所はほんの数ブロック先であったが、警察無線を傍受する敵の迫手はすでに間近に迫っていた―。ジャックの人生で「最後」の1日が始まった...。

いいね!

    「24(TWENTY FOUR) 8」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    248
    248

    24(TWENTY FOUR) 8 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本