こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

その時、ラジオだけが聴こえていた

3.11 IBCラジオが伝えた東日本大震災
カテゴリー: 社会福祉
定価: 1,365 円

人々に勇気を伝え続けたのはラジオだった。発災から108時間にわたって情報を伝え続けた。ラジオの存在と役割を改めて問う、ドキュメント&証言の記録。

いいね!

    「その時、ラジオだけが聴こえていた」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ソノトキラジオダケガキコエテイタ サンイチイチアイビーシーラジオガツタエタヒガシニホンダイシンサイ
    そのときらじおだけがきこえていた さんいちいちあいびーしーらじおがつたえたひがしにほんだいしんさい

    その時、ラジオだけが聴こえていた - 3.11 IBCラジオが伝えた東日本大震災 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本