こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

山本美香という生き方 (日テレbooks)

5.0 5.0 (レビュー2件)
著者: 山本美香
定価: 1,404 円
いいね!

    「山本美香という生き方 (日テレbooks)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      そのニュースがもたらされた時、既視感に襲われた。シリアで日本人
      女性ジャーナリストが死亡か。

      イラクで橋田信介氏が亡くなった時と同じような感覚。内戦が激化
      しているシリアで、しかも女性だ。真っ先に頭に浮かんだ名前は
      「山本美香」。

      違っていて欲しい。だが、現実はすぐに判明した。やはり彼女だった。

      砲撃されたホテル。呻きとも叫びとも聞こえる声を上げ、体の奥底
      から湧き出る怒りに突き動かされるように部屋を歩き回る。彼女が
      亡くなってからのテレビ・ニュースで何度も流れた映像だ。

      イラク戦争時のバグダッド、報道関係者が滞在するパレスチナ・
      ホテル。アメリカ軍の戦車はそこへ砲弾を撃ち込んだ。

      絶版となり現在は入手困難な彼女の著書『中継されなかったバグ
      ダッド』が本書には再録されている。生々しい砲撃現場の様子が、
      記されている。

      「ベイビー」。空のゆりかごを手に、知っている英語で彼女に
      向かって訴えかけるイラクの老人。似たような情景は橋田氏も
      『イラクの中心で、バカと叫ぶ』に綴っていた。

      外部の人間との接触には厳しいイスラムの女性たちのなかへさえ
      入り、戦時下の市井の人々に目を向けて来た人だった。彼女の
      レポートを観たくて、何度テレビのチャンネルを合わせたことか。

      「覚悟はしている。でも、死にに来たんじゃない」

      美香さんのパートナー・佐藤和孝氏の言葉が、胸に痛い。

      美香さん以前にもシリアでは多くのジャーナリストが命を落とし
      ている。「隻眼の女性ジャーナリスト」として知られたメリー・
      コルビンもそうだ。

      自身が取材現場に立つことは勿論、若い世代にバトンを渡す為に
      講演や講義なども行っていた。その途上で亡くなってしまうとは。

      日本の女性ジャーナリストのなかでも稀有な存在だったと思う。
      いつかあなたに会いに、ロンドンのジャーナリスト教会へ行こうと
      思う。そこには、同じように危険な地域で命を落とした人たちの
      多くが祀られているから。

      本書は『中継されなかったバグダッド』を読むだけも大きな収穫だ。
      そして、ひとりの人間が何を伝えようとしたかを知り、心に留めて
      おく為にも。

      ヴェトナム戦争時に多くのジャーナリストがそこで起こっていることを
      伝えたことで反戦運動が盛り上がったように、ジャーナリストが危険を
      覚悟で現地の模様を伝えることで、戦争を止めることが出来るかも
      しれないと思うのは、夢じゃないと思いたい。
      >> 続きを読む

      2017/10/11 by

      山本美香という生き方 (日テレbooks)」のレビュー

    • 評価: 5.0

      改めてジャーナリストとは何か?を考えてしまう。
      もっと平たく考えると、伝えるとは何か?ということにもなる。
      そこにあることを、伝えるということなのだが、それができないことが多いし、いろんなバイアスがかかる。
      走りながら考えるということ、もちろん無闇に走ることではなく、きとんとした信念と準備を持ってということ。
      報道することの意義を体現していた人なんだと思う。

      そして、弱者の視点。
      今、世の中を見ても、自分の周囲を見てもそんな視点が薄しし、「I」が蔓延っている。
      「WE」の視点を持ち続けるように心がけて生きたい。
      >> 続きを読む

      2014/11/09 by

      山本美香という生き方 (日テレbooks)」のレビュー

    • 自分の価値観や経験のフィルターで物事を見てしまうことは仕方のないことだと思いますが、自分の視点は偏っているんだということを自覚して多角的に見るように努力することは絶対に大切ですよね。人に影響を与えるような仕事だったらなおさらです。 >> 続きを読む

      2014/11/09 by ただひこ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    山本美香という生き方 (日テレbooks) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本