こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

妖精たちの住むところ

真夜中の男たち3
カテゴリー: 小説、物語
定価: 704 円

フィオーナはふるさとスコットランドに戻ってきた。三歳のとき重症の火傷を負い、治療のために母に連れられてアメリカに渡って以来二十二年ぶりだ。娘を愛するあまり、彼女を世間から隔離してきた母親。今回の帰郷は、その母の重圧から逃れたくて勇気をふるって決断したことだった。けれども、いくら絵本作家として成功したからといって、実生活で“自立”に成功するとは限らない。心の傷だけでなく、体の醜い傷跡にもさいなまれている。未知の世界への不安と恐怖はつのるばかりで、到着したころにはピークに達していた。兄のダンカンも、兄の友人たちも温かく迎えてくれ、とりわけアンドルーとの再会は嬉しかった。でも...。

いいね!

    「妖精たちの住むところ」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヨウセイタチノスムトコロ マヨナカノオトコタチ3
    ようせいたちのすむところ まよなかのおとこたち3

    妖精たちの住むところ - 真夜中の男たち3 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    失踪者

    最近チェックした本

    Richards, Emilieの作品