こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

そらいろのたね

4.0 4.0 (レビュー4件)
定価: 840 円

A small boy trades his model airplane for a blue seed which becomes a marvelous house holding animals, birds, and children.

いいね!

    「そらいろのたね」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      なんでだろう?なんでだろう?絶対に子どもなら好きなテイストなお話なのに、とうとう何度読んであげても響かなかった(泣)

      2015/02/25 by

      そらいろのたね」のレビュー

    • 子供って好きそうと思ってもあまり興味を示さなかったり、ものすごいシュールな本を喜んでいたり、不思議ですよね。 >> 続きを読む

      2015/02/25 by sunflower

    • >sunflowerさま コメありがとうございます。そうなんですよね。不思議です。「どうして?」って聞いても語彙が足らないから説明できなくて、本人も歯がゆいみたいです。 >> 続きを読む

      2015/02/25 by ぶぶか

    • 評価: 4.0

      みなさんのレビューを読んでとても気になったので読んでみた。

      空色の種を蒔いてどんどんステキなことが起こるのだけど・・・
      最終的にこれは示唆に富んだ話なような?そうでないような?
      Tsukiusagiさんもおっしゃっていますが、キツネくんは騙したのか?
      それとも騙されたのか?
      なんだかわかるようでわからない。

      でもきっと子供は素直に楽しめる本だと思うので、それでいいのか!

      個人的に1番お気に入りなのはやっぱりグリとグラがゲスト出演しているところ♪
      >> 続きを読む

      2012/10/14 by

      そらいろのたね」のレビュー

    • 当時ぐりぐらには気付いていませんでしたけど、この本はとても印象に残っています!

      2012/10/14 by ice

    • そう言えばダイエット食品で、ご飯を青だか緑だかに染めるものが有るらしいですね。

      覚的に食欲を無くすとか・・・

      空色の種と言うのも、動物が気味悪がって食べなくなるのかなぁと言う夢のない分析w
      >> 続きを読む

      2012/10/15 by makoto

    • 評価: 4.0

      そらいろのたねを蒔いたら何が生えてくるかな。

      「ジャックと豆の木」みたいな、ウクライナ民話の「てぶくろ」みたいなお話。

      このお話はアニメーションで知ってあとから本を読んだのでした。
      宮崎駿監督が手がけた質の高い小作品でした。
      動きだけでセリフは一切ありませんでした。
      (日本テレビ40周年記念TVスポットとして制作されたのだそうです)

      お話のイメージとどんどん大きくなるその動きの印象は
      しっかり記憶していたものの、
      あれ?ラストはどうなるんだっけ?


      あらあら、このお話はむしろ蜘蛛の糸だったの?

      キツネにばかされるのではなく、キツネがばかされたのか?
      それとも夢を見ていたのかな?

      もっとほんわか、しゃぼん玉がはじけるような感じだと思っていたんだけれど。

      改めて読んだら、ちょっと印象が変わりました。
      この絵本は言葉がないほうがもっと素敵かもしれません。
      >> 続きを読む

      2012/07/23 by

      そらいろのたね」のレビュー

    • chinadebuさん
      すてきなマミーですね。
      この夏、おうちにかえって、マミーに読み聞かせしてもらってください♪ >> 続きを読む

      2012/07/24 by 月うさぎ

    • あーもうTsukiusagiさんのレビューってホント好きー☆
      どうしてアニメとかウクライナ!までご存知なんですかー! >> 続きを読む

      2012/07/24 by tamo

    • 評価: 5.0

      この本のことはとても良く覚えています。
      当時はキツネくんの気持ちはどんなだろうと考えていたのを思い出します。

      ぐりとぐらの著者が書いた本だったんですね。
      ぐりとぐらがゲスト出演していたなんて!

      2012/07/23 by

      そらいろのたね」のレビュー

    • アニメーション作品にもなっていましたね。
      とても自然なアニメーションで、私はそちらの印象のほうが強いです。
      とても気持ちの良い絵本ですね。
      >> 続きを読む

      2012/07/23 by 月うさぎ

    • 記憶に残っています。
      確かにキツネくんの気持ちは考えちゃいます☆

      2012/07/23 by sayaka


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ソライロノタネ
    そらいろのたね

    そらいろのたね | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本